チェンマイの地獄寺に誘われたので行ってみたら規格外の巨根に出会った

ども!毎日40℃を超えるチェンマイ生活で体に支障をきたしています。サクです。

殺人的な紫外線とアホみたいに暑い中で生活していて、体中のいたるところが痒くなっています。唇の日焼けも痛くてリップクリームを塗っていたら中国人の友達に若干のレディーボーイ疑惑を持たれたのが悲しいところです。

見てくださいこれ。45℃って。溶けそう。

チェンマイ気温

今日のご紹介するのは、チェンマイにある一風変わったお寺についてです。
マトモなお寺すら紹介していないこのブログですが、いきなり変なお寺を紹介したいと思います。笑

スポンサーリンク

一緒に地獄へ行きましょう。

ある日、全く知らない方からFacebookのメッセンジャーで連絡がきました。
ブロガー仲間を通じてチェンマイに住んでいる僕のことをしたらしく連絡をくれたそうです。

名前はCさん。

チェンマイと言えば物価が安く腐るほどカフェがあり、激安の雑貨や服や小物、フレッシュフルーツにスムージーそしてコーヒーが有名。

更に世界中から旅行者が来ているので、少し歩けば美男美女に会えることもある・・・・かもしれません。笑

とにかく滞在コストを安く抑えられて、イマドキ女子が好きそうなものが満載な街です。

Cさんもそんな旅行好き女子かと思いきや。話をしていくと、どうもそうでもない様子。

「私、地獄寺みたいなのが好きで・・・」

そう、一風変わったお寺とは地獄寺のことです。

そして

「一緒に地獄へ行きましょう」と誘ってきた正体不明の見知らぬ女性を地獄へ連れて行くのでした。

チェンマイの地獄寺 Wat Mae KAET Noi

僕は地獄寺マニアでもなんでもないので、あまり良く知らないのですが要は

悪いことするとこうなるよ

っていうのを3Dで教えるためのお寺のようです。
Cさん曰くアジアにはそれなりにあるらしく、Cさんがよく行く台湾にも地獄寺があるようです。
タイの地獄寺はそれらとはちょっとテイストが違うようですが。

Wat Mae KAET Noiの場所

この地獄寺の場所ですが、調べてみるとチェンマイの旧市街から結構離れた場所にありました。
チェンマイの交通手段は旅行者の場合ソンテウ・トゥクトゥク・タクシーの三択になると思います。

しかしこれらの交通手段は旧市街付近や主要な観光地の近くにはたくさんいるのですが、僻地に行けば行くほど少なくなっていきます。
こういうところに行く時タクシーやトゥクトゥクは一人だと高くつくし、ソンテウを使っても行きはお金を出せば行ってくれるかもしれませんが帰りの足が無いという状況になりかねないので、時間的にも便利なバイクで行ってきました。

地図はこちら↓↓

 地獄の入り口は・・・・

普通でした。

下調べもろくにせずに行った僕は普通すぎて一度止まるも通り過ぎました。。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
こんなお寺でも王様の写真はちゃんと飾ってあります。
タイでは本当に王様は慕われててタイ人はみんな王様が好きだそうです。

中に入っていくと人形達が迎えてくれます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
が、少々の不安が拭いきれません。
果たしてココは本当に目的の地獄寺なのかと。

そんな事えを考えながら少し歩くと彼が現れます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

キタ。このキワモノ感は間違いない。
彼の風貌を見てちゃんと目的地に来れたと一安心です。

彼の指示にしたがって歩いて行くと地獄の始まりです。

ところどころ工事中ということもあって入り口がよくわからなかったのですが、
妙に考えさせられる看板を横目に進みます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

歩き進めると天国エリアチックなところと明らかに地獄エリアなところに別れます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

天国エリアにも微妙な地獄感というか不気味感が混ざっています。
マトリックス的にエネルギーを吸い取っているのでしょうか。それとも木から貰っているのか。。謎

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ホントにどっからこの発想が来るんだってくらい気持ち悪いクリエイティブな像がたくさんあるのですが、

ここの地獄寺は殆どがです。Cさんに教えてもらったのですが、タイは数年前から風俗・売春などで性病が蔓延しているのが問題になり、こういった違法性のある性産業に対しての地獄寺を作ることで警鐘の1つにしている為、タイの地獄寺には多くの性描写があるそうです。

単に下ネタ地獄を作りたかったわけではないんですね。

本当に大小様々な像が展示されているのですが、ココはどうも未完成で新しく作り続けているようです。

「サグラダ・ファミリア的なやつですね。」

と言ったらガウディに怒られるぞとCさんに怒られました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

地獄寺の様子

写真で見た方がずっとわかりやすいと思うので、ここから地獄エリアの様子を御覧ください。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

基本キモい想像力豊かな像達なので奥の普通っぽい人が本物だと思ってビビりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

謎に出産シーン。これは地獄なのでしょうか。。。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

グロいグロいグロいグロい。見てるだけで痛い。。。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これが世に言う地獄鍋なのでしょうか。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

心中察します。。。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

作った人の精神状態が心配です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

白骨化すれば楽しそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大っきすぎるのも困り者です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

巨乳(垂)に一刀両断される巨根。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

受講。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この子たちが何をしたというのでしょう。。。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

どっちかって言うと天g・・・・。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一般参加。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

手切ったりする系は見てて痛いので嫌です・・・。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Cさんお金入れたら大音量でタイ語の何かが流れだす。
何を言っていたのかは全く意味不明。
歌みたいな感じでした。

もうね、見てるだけでチン◯ンが縮み上がりそうでした。

ご立派なイチモツも問答無用で一刀両断です。

おっきくなりすぎちゃった地獄。
なんか出てるのが妙にリアル。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

私史上最大の巨根ですがここまでだといろいろと困るでしょう。
時代はエコですよ。車もケータイも小型軽量。
アップルもi phoneちっちゃくしましたからね。

なんの話だ。

 タイのお寺はみんな同じに見える

これは結構な確率でみんな言う言葉です。

日本人のみならず僕は中国人、韓国人、アメリカ人、ドイツ人、イギリス人、オーストラリア人から同じ言葉を聞きました。あとタイ人からも(笑)
タイの方には申し訳ないですが、僕も何度言ったかわかりません。。

ですが今回、たまたま変わったお寺に興味があるCさんと出会った事で知るよしもなかったヘンテコリンなお寺に行くことができました。
旅は出会う人で本当にどうなるかわかりません。

ここの像はなかなか過激なので人に寄っては気分が悪くなるかもしれませんが、思っていたより迫力があって、タイのお寺を見飽きた人は一回行ってみると面白いと思います。

機会があれば是非!

というか機会を作らないと行けなそうですが(笑)

それではまた!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

booking
高確率で最安値で泊まれるBooking.com
ここから予約すると1800円のキャッシュバックが受け取れます Booking.com
ブログランキング

ブログランキングバナー復活しました!
クリックすると僕が喜びます。ただそれだけです。。。
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ
にほんブログ村

シェアする

スポンサーリンク

コメント

  1. chihiro より:

    地獄記事書いてくれたんですね!!チェンマイの地獄を探している人歓喜ですよ!!地獄好きを代表して感謝です。ありがとうございます!!

    文章にされると、いかに謎のお誘いだったか…引率してもっらたおかげで私はとっても楽しかった~(^^)
    ちなみに、あのマトリックス的な木は、通称ワクワクの樹という美少女(ナリーポン)、美少年(マカリーポン)がなる樹だそうです。半人半植物の妖精でもぎとられると一週間くらいで萎んでしまうらく、最後に「ワクワク!」と言うそうです。
    そのミイラが保管されている寺院もあるらしいです!ちょっとロマンですね!どうもタイ特有の妖精っぽいです。
    とんでもない巨根の下半身ですが、性器の肥大や色の濃さは重篤な性病の証だそうなので、あの中でも1番の病気の持ち主かもしれません。何か出てるし。
    もしくはその上にくる巨大な上半身の支えとして「いっそでかくしとく?」なノリかもしれないですけど…(笑)
    またいつかどこかで一緒に地獄に行きましょう。
    最後の写真、撮ったときから気に入りすぎですよ(笑)

    • saku より:

      ちゃんと正確な場所も載せておきました。需要があるかは謎ですが(笑)

      さすが地獄マニア!笑
      これから奇妙な物を見たらchihiroさんを思い出すと思います。
      機会があればまたどっか行きましょう(^^)
      エイミーが台南に行ったと思うので、近々行く予定があれば連絡してみてください(^^)

      あの写真キャッチーでしょ?笑

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です