日本人と絡むのは悪なのか〜ワーホリの求職は情報戦〜

 昨日電車の中にいたチリ人にデートサイトで知り合ったオージーの女性とラブラブだって話を1時間されて気が狂いそうになりました。サクです。

たくさんの日本人が毎年ワーキングホリデーでオーストラリアに来ていますがよく話題になるのが「日本人と話すのってどうなん?」という話題。

人によってはすごく意識している人がいるので、日本人同士だけど英語で話す。みたいな微妙な空気感になることもよくあります。笑

個人的には日本人と日本語で話すことは全く抵抗がないのでそういう方の邪魔はしないように、妙に気を遣ってしまいます。

スポンサーリンク

人それぞれのワーホリ

これだけたくさんのワーホリメーカーが来ているので人それぞれ目的が違います。

英語学習の人もいれば、お金を稼ぐためという人もいるし僕のように旅ついでに働いてみよっかな。物価高いし。みたいな中途半端な奴も。

だから日本人と話したくないという人がいる人も十分理解できるのですが、ワーホリの共通点て「ワーキング」できることですよね。

観光ビザではできない仕事ができる。そしてほとんどのワーホリメーカーが何かしらの仕事を一回はやると思います。

ワーホリに来た経験がある人はわかると思いますが、仕事ってそんなに簡単には見つかりません。
すぐにゲットしたラッキーな人もいるかもしれませんが、多くの人が自分の状況に合った場所、待遇、内容で働きたいと思うのでなかなか苦戦することも多い事実。

オーストラリアの場合、物価が高く給料も良いことで知られているので、オーストラリアに行けば簡単に仕事がゲットできてお金が稼げると勘違いしている人もいると思います。

どんなにラッキーでも少なくとも遠く離れた国で、違う言語で仕事を探して異文化の入り混じった職場環境の中で働かなければなりません。

現実の状況

あくまでオーストラリアワーホリで話を進めていきますが、
実際に渡豪してからの印象ですが、予想以上にみんな仕事探しに困るんだな。と思いました。

英語ができない日本人が困るのは予想どおりなのですが、英語がペラペラで文化も日本人よりも近いはずの欧米人ですらも仕事を探すのに苦労しているのが現実でした。

ホステルに滞在した場合、殆どの宿泊者が休職中だったりするのは珍しくありません。

みんな足を使ったりネットを使ったりとやり方は様々ですが、良い仕事をゲットするのに毎日必死なわけです。

情報戦を勝ち抜け

僕が実際にやってみて思ったことはやっぱりネットで探すのは効率が良いということです。

もちろん僕は車を買ったので足も使いましたが最終的に仕事はネット経由でゲットしました。ホステルで仲良くなったエストニア人のおかげです。

僕はたまたま外国人でしたが、この繋がりが日本人という場合も大いにありえます。
日本語で詳細を聞けるのは大きな利点です、ファームであればどこで何のシーズンだとか、ネット情報があてにならないことも正確な情報を得ることができます。

これからオーストラリアワーホリで仕事を探す人には外国人との交流と共に是非とも日本人同士の交流も大切にしてほしいと思います。
考えてみたら海外で会った人って日本にいても絶対に出会わなかった人ですからね。全ての出会いは貴重ですよ。

今はSNSで連絡が簡単に取れる時代ですから、グループを作っておくと後々誰かが困った時の相談先にもなります。

交流を大切に

僕のブログに連絡を頂いて既に仕事をゲットしてくれた方もいますし、

先日僕のしていた仕事の問い合わせをしてくださった方もいます。
僕とは違って英語の勉強をちゃんとされてて、パーマネントビザを目指してらっしゃるみたいです!
こちらのブログで紹介していただきました。ありがとうございます(^^)
僕はブログのコメントから始まり、今は旅行に一緒に行くようになった友達もいるのでこういった出会いは大切にしたいと思います。

僕は交流してネットワークが広がればお互いにメリットしか無いと思うので、

日本人と話すのは悪なのか論争には

自信を持って悪ではない。と答えたいと思います。

それではまた!

booking
高確率で最安値で泊まれるBooking.com
ここから予約すると1800円のキャッシュバックが受け取れます Booking.com
ブログランキング

ブログランキングバナー復活しました!
クリックすると僕が喜びます。ただそれだけです。。。
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ
にほんブログ村

シェアする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です