旅に出ると決めたら仕事が楽しくなった

僕が旅に出ようと思い始めたのは約一年位前でした。

いろんな国へ行ってみたいという子供の頃からから持っていたささやかな気持ちに、ある人のブログを見て感化されたのがきっかけでした。

その方はバスキングで世界を回っていたのですが、決して綺麗ではないけど気取らなくて自分の好きなように生きてる感じにすごく興味を持ちました。

自分のするであろう旅とは全く違いますが・・・。バスキングとか無理w

スポンサーリンク

新卒で就職してから

就職して早8年半。
みんなそうだと思うけど、若いつもりでいてもあっという間に時は過ぎて、もう30手前。

仕事を始めた頃はガムシャラにやって、同期の誰にも負けないつもりでやってたし、 目標にしてたメーカーの技術検定も一番下から一度も落ちずに取った。

でも好きだったはずの今の仕事も、ここ数年は目標もやりがいもなくつまらなってしまった。

いや、正確には仕事がつまらなくなったのではなく、 僕が楽しめない人間になってしまったのかもしれない。
何かの映画か何かで「学校がつまらないんやない!お前がつまらん人間なんじゃ!」 ってシーンがあったのを思い出します。  

そんなつまらない人間になった僕は、やる気を無くし数年間何をしていたか思い出すことすらできない程に薄ーい時間を過ごしていました。
そうしているうちに仕事が嫌になりました。

正確には嫌になったというか毎日の大半を費やす仕事が無駄な時間に感じてしまうようになりました。
持病も悪化、うまくいかないことだらけで、こんなんじゃないのにと納得の行かない毎日。 毎晩このまま起きなくなたらどんなに楽だろうと考えるようになり、 人生に目標がなかった。やりがいがなかった。

このまま30を迎えてすぐに40も迎えた時に、

「自分は何をしていたんだろう?」と思い返した時に、何も思い浮かばない。そんな恐ろしいイメージがリアルに浮かんだ時、 ここに居ちゃいけない。と決意しました。

世界一周してみよう

旅に出るという目標ができてから、毎日の生活に少しづつ変化が出てきました。

何か買い物をするときには、
「これは海外だといくらで売ってるんだろう?」 「これは持って行かなくても、現地で買えばいいかな?」 「バックパックに入れて持って行くにはコレは必要か?」 とか考える楽しみが増え、
貯金をするために浪費も減り、
ここ1年以上服を1着も買っていません。
我慢ではなく、それが楽しくなっています。

世界に出ようという一つのシンプルな目標が、すべての歯車を動き出させてくれたんだと思います。
目標があるという、ごく当たり前の事が僕にとっては気持ちのあり方を大きく良い方向に導いてくれました。

今では毎日の仕事も、記憶にないくらい薄い毎日からかなり変わってきています。 もし今仕事が、人生が面白くないと思っている人がいたら、本当はやってみたかったけど、体裁・世間体・立場・周りの目・親の意見などの何かを言い訳にしてやらなかった事をもう一回やってみようとしてみたら少し楽しい明日が待ってるかもしれません。

人によっては信じられないことかも知れませんが、目標を持つことが難しい人って多いと思います。
目標は人から与えられるものには何の力もありません。

自分でやる!と決めるから、効果があると思うんです。

だから何か少しでも楽しみを持って生きないと本当の目標って出てこないと思います。 明日はもっと楽しみに近づけるって信じて毎日生きていたいですよね。

最後に

ある映画の脇役の方の言葉で締めたいと思います。 「死ぬ気でやれ。その時だけ生きられる」 思いっきり生きようじゃないか。

それでは!また!

booking
高確率で最安値で泊まれるBooking.com
ここから予約すると1800円のキャッシュバックが受け取れます Booking.com
ブログランキング

ブログランキングバナー復活しました!
クリックすると僕が喜びます。ただそれだけです。。。
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ
にほんブログ村

シェアする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です