タイ ( Thailand )

旅人B、キングサイズベッドに寝る。ピッサヌロークで一休み

バンコクで出会ったカズキとアユタヤへ行き、カズキと別れてピッサヌロークへ。

P_20160118_082608

ホテルで分かれてから2時間後くらいに駅で再開するんですけどね。笑
アユタヤ駅構内にあるオバちゃんがやってる屋台メシが超絶ウマイのでオススメです!
エッグなんちゃらって言ったのですが聞き取れず・・・。
とりあえず「それ一つ!」って注文したら出てきたのが、ピリ辛のチャーハン的なやつ。
120円。

P_20160118_110102
これがマジでウマイ!
アユタヤに来た時には是非!
アユタヤのホテルの近くのお店も美味しかったし、屋台のタイ風お好み焼きみたいなやつも美味かったし、アユタヤのご飯はアタリ飯ばっかでした。
カズキが買った謎の生物のフライだけが唯一の疑問・・・美味かったですけどね。

ピッサヌロークという街はタイの中部。バンコクとチェンマイのちょうど中間地点にある街です。
スコータイという遺跡観光スポットに行くのに利用される街で、ピッサヌロークからスコータイまではバスを利用して行くことが出来ます。

ですが今回僕はスコータイへく予定がなかったので、ピッサヌロークにも本来用はなかったのですが、ネットでタイの宿をいろいろと調べているうちに面白いものを見つけました。

基本的にいつも安いところに行くのですが、このピッサヌロークの街で検索しても、安いドミが少なく、正直微妙と思っていたんです。

でも、よく見ると、バックパッカー用の安宿ではなく、普通のホテルが2000円以内で泊まれるんです!
バックパッカーの金銭感覚で言うと高いんですが、これが一般旅行者感覚で言えば激安でですよね??

いろんな街に行ってみたいということもあって、ココは多少の出費に目をつむり泊まってみることにしました。

ピッサヌロークへ

タイの電車(国鉄)チケットは全て指定のものです。
数十円の一番安いチケットも乗る電車を指定されます。

車内でホッチキスのようなハサミのような道具でカチッと切符を文字通り「切る」のを見るのは新鮮です。
個人的にのんびり電車の旅がオススメです。時間は半端無く読めないですけどね(笑)

P_20160118_090842 (1)

アユタヤからピッサヌロークまでは455バーツ。(1400円くらい)

今まで数十円の移動しかしていないので、高いなぁと思いましたが、僕が乗ったのはspecial expressというタイプでピッサヌロークまでほぼ直行でエアコン付き食事付きお菓子とコーヒーや紅茶等のドリンクサービスまで付いた至れり尽くせりのゴージャス列車でした。

P_20160119_135244

シートも一人でゆったり乗れる、これまたバックパッカーらしからぬもの。
ちょっと贅沢しすぎたかな^^;

約300kmの移動でこの内容で1400円ならやはり日本と比べたら安いです。
僕の地元なんてバスで最寄り駅に行くのに600円以上かかりますからね。

ピッサヌロークの駅はこんな感じ。
P_20160119_121226

アユタヤ以上にのんびりした街です。
駅員さんこれガチで寝てますからね。
タイの駅のホームは日本のような仕切りはなく、誰でもホームに出入りすることが出来ます。
宿の方向は駅舎と反対だったので僕も線路を歩いて渡ります。

タイの電車は車内にトイレがあるのですが、流したモノは線路に垂れ流しなので線路を歩くときは気をつけましょう。
stand by me 気分に浸ってるとウ◯コ踏む可能性があります。

綺麗な制服を着た女子中学生がノーヘルでスクーターを3ケツしてるのがあたり前な光景なのは面白いです。

今回予約したホテルは20分程度歩いた場所にありました。

Poonsook Resident Hotel Phitsanulok

外観はこんな感じ

P_20160118_163329

チェックインを済ますと、いよいよ僕もついにキングになれる瞬間がやってまいります。

 

 

いでよ!キングサイズベッド!!

 

それがこちら!

 

じゃん!!
IMG_2887

 

キター!!

でかい!ひろい!両手両足広げても有り余るベッドの広さ!
液晶テレビも冷蔵庫もお水もコーヒーセットもあります!!

もちろんWi-Fiも!

サッカーのタイリーグを見ながらコーヒー飲んで、ゆったり豪華な時間を過ごせました。
ただ、キングサイズベッド以外は日本のビジネスホテルみたいな感じです。

日本で泊まれば3倍〜4倍くらいはするホテルに海外なら安く泊まることができるので、
旅行に行こうと思うけど、思ったより高くつくと思ったら、思い切って海外旅行を検討してみては?

ホテルの近くを散歩して夕飯は屋台メシ!
バミーのお店があったので、夕飯をバミーにすることに。

アヒルのバミー「バミーペッ」(正しいかどうかわかりません。聞いた感じそんなんです)
ん〜美味!!

40バーツ(120円くらい)
P_20160118_175013

 

腹ごしらえをしたら、次はピッサヌロークを後にして目的地チェンマイに向かいます!

 

 

タイのホテルは一部屋ごとの料金で利用できるので、複数人で泊まるとお得です。

例えば僕が今回泊まった部屋は3人まで宿泊する事が出来ます。
1泊1900円くらいだったのですが、2人でも1900円、3人でも1900円です。
家族や友達と旅行の際にはツインルームを使ったりちょっとゴージャスな部屋を利用すると安上がりになることがありますので、是非参考にしてみてください。

 

 

 

※今回のホテルは「じゃらん」で予約を取ることが出来ます。
ハピタスに登録後、ハピタスからじゃらんで予約を取ることで1550円のキャッシュバックが受けられます。
是非お得に海外旅行に行きましょう!

-タイ ( Thailand )
-, , , ,

Copyright© まだ見ぬ道を歩いてみないか , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.