オスプレー ソージョン28 80Lを実際使ってみた。世界一周の旅にはどうなのか?評価

こんにちは、サクです。

今日は世界放浪の旅のある意味で家とも言えるバックパックを紹介しようと思います。

これは台湾一人旅で使用しているので、その感想も一緒に紹介したいと思います。

それではいきましょう。

スポンサーリンク

バックパックかスイッチバックか

世界一周経験者のメインバッグを参考にすると、大きく2つのタイプに分かれます

それがバックパックかスイッチパックか。

キャリーバックの人はあまりいないようですし、僕もあまり使う気がしないので、

ここではバックパックとスイッチパックの2つで検討してみようかと思います。

バックパック

バックパッカーのイメージ通りのヤツ。

でっかいリュックサックを背負っているイメージですね。

そのもの自体は軽く、背負えることで両手が空くのが利点です。

荷物をすべてこの中に入れるので、かなりの重量になることが予想されます。

世界一周した友人の話によると途中の一時帰国の時には25キロくらいになっていたとのこと。

スイッチバック

キャリーバックとバックパックの中間的なタイプ。

転がして移動可能で、場合により背負えるタイプに変えることが可能。

ソージョン バックパック

キャリーバックよりもソフトな素材なので荷物が少なければスリムにできる。

コロコロが付いているためバックパックよりも重い。値段も高めの設定。

決まりのない自由な旅

自分の海外生活は決まりのない自由な旅にしたいと思っています。

どんな道を歩くかわからないし、バックパックがいいかなと思ったのですが、

25キロもするものを持つなんて無理。

てか、ヤダ(笑)

実は僕、腰が悪くてあまり重いものが持てないんです。

なんとも情けない男ですが、一時は立つのも困難なほどだったので

結構切実なんです。

結果スイッチバックでどうしようもなくなったら切り替えす方向で検討し、

旅中の僕の家を決めました。

オスプレー ソージョン28を購入

2タイプある内の大きい方の80L容量のタイプです。

なぜオスプレー ソージョンなのかというと他のものよりホイールが大きくて

底がアーチ状になっていて比較的悪路にも対応力があるからです。

ソージョン 底面

買ったのはかなり前なので正確な金額は忘れましたが、金額は3万5千円前後だったと思います。

コロコロの音は小さくてなかなかいい感じです。

少々重いのが難点ですが、ほとんどが転がしているので我慢するとします。

そして小さな嬉しいポイントはファスナーに輪っかが付いていて、輪っかが重なり鍵が付けられる形状になっていること。

これは盗難防止に一役買いますね!

ソージョン 盗難防止

台湾一人旅で使った感想

台湾一人旅に使用した感想ですが、まずやはりコロコロは楽(綺麗なところに限る)。

PCやカメラも持って行ったので全体の重さは十数キロとそこそこなものでした。

それを全部一つのバックパックにして背負うのはどうなのだろうか?

荷物の少ない短期旅行でそれでしたから、フル装備の出発ではきついか?。。。。

中は持ち手の収納された部分がありますが容量はかなりあります。

ソージョン 中

宿泊先ロッカー問題

海外のホステルに泊まるのによく言われるロッカーにちゃんと鍵を掛ける等の盗難対策。

南京錠やチェーンロックといった物が一般的です。

ホステルに泊まって台湾を縦断したのですが、ソージョンはどこのドミトリーでもロッカーにちゃんと入りました。

ただ台湾のドミトリーは比較的綺麗でオートロックだったりとしっかりしたところが多いので他の国に行った時に参考になるか微妙なところです。

荷物の量と大きさを考慮すると、60Lでもよかったかなって思います。

台湾一人旅では家族におみやげを買ったりしましたが、今後の旅ではそういうことはないだろうし、男子の荷物はさほど多くないことがわかりました。

台湾旅もカメラや貴重品はもう一つの30L程度のリュックサックに入れておいたので、

たいして大きな荷物がないんですね。服や身の回りの物程度なのです。

台湾一人旅を経験して、出発前に必要かなと思うのは雨対策。

台湾も比較的天気が良くないことが多いのですが、撥水スプレーで少しでも対策しておきたいところです。アジアはスコールも心配ですから。

まとめ

世界一周旅行者に大人気のソージョン。

ベタすぎてあまり面白みのない内容でしたが、

使ってみて人気の秘密が少しわかった気がします。

やっぱりコロコロは楽。

ただしそれは道がきれいで移動距離が短いところに限ります。

旅中、台中でかなりの距離を歩く事になりました、

悪路というわけではないのですが、片手で2時間近く引っ張りながら歩くのはかなり疲れたのを覚えています。

今回、別のリュックサックに貴重品を入れて行き、かなり肩に負担がかかりつらい思いをしたので背負うのは無理かな?と思っていたのですが、そのリュックは腰のベルトが無いタイプで性能としては?マークがつきます。

しっかりと背負える性能のあるバックパックなら背負ってしまったほうが楽なのかもしれません。

荷物の重量が7キロ以下に抑えられればLCCの機内持ち込み可能になりますし、

そうなれば費用の節約、ロストバゲージのリスク低減といいことがあります。

もう少し出発まで検討したいと思います。

それではまた!

IMG_0510

booking
高確率で最安値で泊まれるBooking.com
ここから予約すると1800円のキャッシュバックが受け取れます Booking.com
ブログランキング

ブログランキングバナー復活しました!
クリックすると僕が喜びます。ただそれだけです。。。
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ
にほんブログ村

シェアする

スポンサーリンク

コメント

  1. […] 僕の家は80リットル、そしてコロがる。オスプレー ソージョン […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です