チェンマイでミャンマービザ申請情報 2017年1月現在

在チェンマイミャンマー領事館にてビザの申請をしてきたので紹介します。

場所もわかりやすいところにありますし、簡単な申請で取れるので滞在費用の安いチェンマイに来たついでに取得してするのもいいと思います。
空いているのとチェンマイの方が宿泊費が安いのでバンコクで取るよりもオススメです。

スポンサーリンク

ミャンマービザを取るために必要なもの

  • パスポート
  • パスポートのコピー(顔写真のページ)
  • 写真(白背景35×45ミリ)
  • 申請用紙2枚(大使館で貰えます)
  • 申請料1600バーツ(観光)
  • 滞在先情報(タイ・ミャンマー)

取り敢えず用意するものは以上

です。これを用意したら大使館へ行きましょう。
ハサミとノリは現地にあったので、写真は申請用紙の枠に合わせて切りました。

在チェンマイ・ミャンマー領事館の場所

ミャンマー領事館は旧市街の外、北側にあります。

地図はこちら

見た目はこんな感じです。

綺麗な一軒家。
門の左側が小さく開くのでそこから入ります。

申請時間9時から12時

ビザの受取15時半〜16時半です。

中に入ると受付カウンターみたいなところの窓を開けてくれるので、ビザの申請にきた事を伝えましょう。

すると申請用紙を2枚くれます。

特に難しいことはありませんでしたが、必要事項に職業欄があります。
現在の職業と以前の職業。

本当は無職ですが、

一応前職を現在のものに書いておきました。
以前の物は空欄でそのまま通ったので大丈夫でした。

実家の住所や電話番号を書かなくてはいけなかったり、メールアドレス、タイ電話番号住所ミャンマーの滞在先の住所などが必要でした。
その他は基本的にパスポートの内容を写すだけです。

僕はタイの電話番号を持っていたので書きましたが、なければおそらく書かなくても大丈夫だと思います。

タイの住所はゲストハウスのものを書きました。ミャンマーホテルは全く予約もしていないのでその場でBooking.com で適当なホテルの住所を書いておきました。

ホテルの予約証明的なものは要りませんでした。

事前に調べた情報と申請料が違っていたのですが、2017年1月現在の申請料1600バーツでした。

この金額は3営業日後に受け取ることができる料金です。

この料金表には記載がありませんが、他の申請者とのやり取りを聞く限り追加料金でもっと早く受け取ることができそうです。
ただミャンマービザ自体が結構な金額ですし、チェンマイはこの近くにエアコン付き100バーツで泊まれるドミトリーもあるので、観光しながら3営業日待って安く取る方が良いと思います。

申請用紙記入例の写真は撮りませんでしたが、現地に書き方の見本があるので全く問題ないと思います。(終わってから気が付きました)また提出した時にチェックをお願いすると、書き方や足りない部分を教えてくれるので、かなり優しい領事館だなという印象でした。

スムーズに行けば10分程度で申請も済んでしまうと思います。
あとは3営業日後に受け取って終了。

受取の時間は1時間しかないので遅れないように行きましょう!

*無事受け取り完了しました。

15時半からとのことですが少し早めに行っても受け取ることができました。
終始親切な印象でした。

稀にビザ申請で対応が悪いなどと文句を言う人がいますが、彼らにそれが伝わると余計に対応が悪くなる可能性があります。
以下させて頂く立場をしっかりと理解して笑顔で
「君の国が好きなんだ、行くのが楽しみでたまらないよ」
アピールをすると良い対応になりやすいです。

イミグレーションでも同様で僕はタイをハブとしていることから出入国が多いので、入国審査に引っかかることがあったのですが、笑顔と勢いで乗り切れました(笑)

それではまた!

booking
高確率で最安値で泊まれるBooking.com
ここから予約すると1800円のキャッシュバックが受け取れます Booking.com
ブログランキング

ブログランキングバナー復活しました!
クリックすると僕が喜びます。ただそれだけです。。。
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ
にほんブログ村

シェアする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です