機内持ち込み可能バッグを研究してみる

こんにちは。

昨日、バックパックで悩んでる夢を見ました。

何故か濃いピンクのバックパックと薄いピンクのバックパックで悩む僕がそこにいました。 夢のなかでは女子力高め、サクです。  

ブログランキングに参加しています。
出発までに一度は準備ブログで1位になりたい、そして記念にスクショしたいというささやかな目標が最近できました。
「ふっ、哀れなやつめ」と思った方は同情クリックお願いします↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ にほんブログ村  

スポンサーリンク

進行中のバックパック問題

さて、当初以前より使っていたスイッチバッグで行こうと思っていたところから、 もっと小さくて大丈夫なんじゃないかという考えに至り、 機内持ち込みサイズでなんとかなるんじゃないかと悩み中で、 先日いろんなお店を回って来たのですが、 コレ!と言うバックパックが未だありません(T_T)

コレいい感じだなぁ〜と思ったのがあったのですが、 まだ気になるけど実物が見れていない物があるので決めきれていずにいます。

LCCを基準にバックパックを選ぶ

バックパックを選ぶのに基準となるのが機内持ち込みサイズということ。
LCCを多く使うことが予想されるため、各航空会社の規定に合うようにしなければいけません。

LCCの航空会社のHPには説明に搭乗口で重量計るだとか、3辺の一つでもオーバーしてたらダメだとか、結構シビアなことが書いてあります。

今年の春に使ったジェットスターはそんなこと一切なかったのですが・・・?
日本に馴染みのある各社の機内持ち込みサイズの規定を見てみると、

peach

3辺の合計が115cm以内

55✕40✕25cm以内

10キロ以内(合計とは書いてない)

バッグ+手回り品

Jetstar★

バッグ手回り品合計7キロ以内

56✕36✕23cm以内

scoot

7キロまで(PCが含まれる場合+3キロ)

54✕38✕23cm

3辺合計115cm以内

バニラエアー

56✕36✕23cm

バッグ+手回り品の合計10キロ以内

一辺でも超えたら持ち込みできないと注意書きあり

エアアジア

56✕23✕36cm

バッグ+PCカバンorハンドバッグ

バッグは7キロ以内

3辺トータル110CM といった感じでした。

海外のLCCも同じような感じなので、目安として 54✕36✕23cmで重さ7キロ以内を目標にして探そうと思います。

7キロ以内ということで、バックパック自体の重さもかなり重要になってきます。 1500グラム以内に収めたいところです。
ただ軽さを追求して耐久性が低いものもあると聞いたので、そこは丈夫な物を選びたいと思います。

現在気になるバックパック達

まずは背負った感じが悪くない、けどちょっと大きめ。 軽さはバッチリのバーグハウス。  

バーグハウスのバックパックはどれも軽いのが印象的です。 背負った感じも良いです。 ただ少し縦が大きいのが心配です。 そして今いいかなーと思っているのが、 カリマーのコレ↓↓

背負った感じは悪くないしサイズも縦はちょっと大きいけど締めればなんとかなりそう。
だた、少し重い。生地が丈夫らしいので、それもあるのか? ヒップベルトを取り外すことができるので、多少はLCC対策ができるかもしれません。
中を見ると容量は30でも行ける気がします。
何よりコレは他のに比べて見た目がゴツくない。 店員さんいわく見た目がゴツイと目をつけられて検査させられたりということもあるそうです。

サイズで見てもこのくらいが限界かなと思います。 バーグハウスのFREEFLOWはまだ背負えてないので、その感じでカリマーのリッジとくらべてみようと思います。 ちなみにまだ実物に出会えてない気になるヤツが グレゴリーのサヴァント38というバックパック  

booking
高確率で最安値で泊まれるBooking.com
ここから予約すると1800円のキャッシュバックが受け取れます Booking.com
ブログランキング

ブログランキングバナー復活しました!
クリックすると僕が喜びます。ただそれだけです。。。
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ
にほんブログ村

シェアする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です