旅とお金、為替と経済のお勉強。円高円安どーなってるの?

どうも!退職に向けて会社と交渉中、出発が遅れること確実なサクです。

もう既に保険がきいている状態なので早いところ海外に出たいのですが。。。

世界一周準備ブロガーさんにタイのコムローイに合わせて出発するって方がいらっしゃったので、タイでお会い出来ればと思ったのに確実にコムローイには間に合わなくなりそうです。 お金 今日はまたお金ネタです。 お金について書くとブログ村OUTポイントが増えるあたりみんなやはり気になる所なんじゃないかと思います。笑 にほんブログ村 世界一周準備

僕は貧乏旅行者なので倹約して旅をしなければならないのですが、やはり手数料やら為替損益やらで無駄にしたくないのです。
「別に無駄にしたっていいよ」という人はいないかもしれませんが。

今回の話はちょっとだけ話題が堅苦しいですが、僕の思っていることのメモなのですし、今後間違いなくこうなるなんて保証はどこにもありません。インチキ占い師の結婚予想だと思ってサラッと読んでみてください。

ぼくらの「円」と世界のお金

僕達日本人に一番馴染みのあるお金は「日本円」ですよね。

このブログを読みに来てくれるあなたは、旅に興味があって僕と同じように旅の準備をしているかもしれません。
そんなあなたは「もうそんなこと十分わかってるよ!」というかも知れませんが、まずは円高円安の話から。 稀に円高円安を理解していない人に合うので、海外旅行に興味のない方はあまり関心がないのかもしれません。
簡単に言うと、

  • 円高円の価値が高い
  • 円安円の価値が安い

これだけ覚えとけばとりあえずは大丈夫です。
1ドル何円以下は円高、何円以上は円安というのは無く、
人それぞれ適正レート(レート:1ドルいくらという比率のこと)の考え方が違うので、
相対的に見て円高っぽい円安っぽいというのが実際です。

それでは実際にレートで見てみましょう。
2015年11月2日AM9;00現在のレート
120.48 USD/JPY
132.80 EUR/JPY
1.1022 EUR/USD
85.97  AUD/JPY
186.01 GBP/JPY

いきなり頭が痛くなった人がいるかもしれませんね。ここになりかけている人が一名います(笑)

数字が細かいので米ドル(USD)のレートを使って1ドル=120円として考えましょうか。
先ほども書いたとおり、何円以上は円安円高というのはありません。
1ドル=80円の時と比べて1ドル=100円は円安ですし、 1ドル=100円の時は1ドル=120円の今より円高です。

ごく稀に円の数字が大きい方が円高と間違って覚えている方を見ますが、円高は円の価値が高いので逆です。

何円で1ドルに替えられるか?なので数字が少ないほうが円は少なくて済む=価値が高い。です。
1万ドルを得るのに 1ドル100円で100万円。 1ドル120円だと120万円が必要になります。

ね?価値が高いでしょ? だから海外に出たい僕たちは円安になってヒィヒィしてるのです。笑

スポンサーリンク

近年の円の歴史を振り返ってみよう!

今の円安になる前は歴史的円高と言われていました。
その2012年まで、なんであんなに円高だったのかという所からです。
もとはといえばアメリカのリーマン・ショック、サブプライム・ショックから円高地獄が始まりました。
なぜ円が買われたか?世界から円が安全とみなされたからです。
基軸通貨(世界の基準となる通貨)の米ドルのアメリカが不況になってユーロは財政問題を常に抱えている新興国通過は軒並み大暴落そうなると、次に安定している日本円が買われた為円の価値が上がり円高となりました。

実際の所、消去法で日本円だったんですね。 特に日本の景気が良いからとかではなく(失われた20年とか言っちゃってますからね)、他がダメ過ぎたのです。
現に日本円の次に高くなったのは、ショックの元凶アメリカドルです。
買われると価値が上がるというのは需要と供給の関係と同じです。
そして日本株が暴落。 これは日本の主要企業が輸出企業が多かったからです。 円の価値が上がると海外からは買いにくくなり、又海外の現地通貨で売ったものを日本円に変えても円高のため額が少ないので業績が落ちます。

更に日本円にするということは日本円を買うことになるので、負のスパイラル。 そして株が売られます。

日経平均株価とよく聞きますが、これは日本の上場企業の中の主要225企業の平均株価です。
日本の株式市場はこの何倍もの企業がありますから、日経平均が下がったからといって全部が下がっている訳ではありません。

因みに当時株価がさがってヤバイヨーヤバイヨーと言われてましたが、日本は他の先進国と比べて内需の多い国なので国としては別に全然問題なかったのです。
ただ、自動車メーカー等の輸出企業は打撃を受けますし、その下請け企業は非常に苦労したと思います。
僕も自動車ディーラーで働いているので煽りを受けてきつかったです。給料がヤバイヨーでした。
因みに出川ガールの河北麻友子ちゃんが可愛くて好きですw

話がそれましたが、 良くも悪くも大企業は力がありますので、なんとかしようとするわけです。
自身の将来の天下りのためにも、 大企業出身の政治家は大企業に有利に政策を進めようします。
しかしなかなかうまくいかないんですね。 市場のお金を増やして、通貨価値を下げる金融緩和を行いますが、アメリカなどの諸外国のそれに比べたら数が圧倒的に少なく、為替介入を実行するも効果はありませんでした。
そして国民は藁にもすがる思いで、鳩ポッポに頼ったりするようになってしまいました。 鳩ポッポの成果は御存知の通り。笑 震災も重なり本当にヤバイヨムードの中、政権が自民党に戻りました。 安倍さんは自民党政権復活前より大規模な金融緩和を明言してきました。

半端じゃない量の日本円が増えて日本円が安くなる、 それを海外投資家中心に輸出企業の好材料とみなし、日本株を書いまくって株価上がる。
円の価値が下がるところに投資していると、どんどん投資したお金の価値が減っていってしまうので、 株を買った分為替で調整するんですね。
それで円を売ってドルを買うので円が下がる。 日銀総裁も金融緩和に積極的でなかった白川さんから黒田さんに。 白から黒へ、ドラマみたいな名前の設定ですね。
黒田さんの「異次元の」金融緩和によって円安は加速していき、今の状況になっています。

今の状況を見てみよう!

今は歴史的な円高を脱却しています。
なんせ一番円高だった時期より僅かな期間で50%くらい戻ってますからね、
異常とも言えるくらいです。 為替相場にはボラティリティという言葉があります。
これはわかりやすく言うとレートの動きやすさを表す言葉ですが、円高時代よりも今のほうが圧倒的にボラティリティが高い(動きやすい)状態になっています。

今は一日に1円動いても珍しく無いですが、当時は為替介入(政府が大量に円売りして強制的に為替を動かす)してやっとそのくらい動く相場でした。
今の相場では何か相場が動く材料がポーンと相場に現れると一気に動く特徴があります。
直近ではチャイナショックでしょうか。中国の景気後退のニュースがでると一気に円高株安にふれました。
やはり円はまだ安全資産と思われているようです。
海外の通貨を見てみると、ドルはこれから上がると思われますが、ユーロは逆にどちらかというと通貨価値を下げるように感じます。ユーロ・ドルの動きを見てると長期間かけて下げるように見えます。
日本円がこれ以上円安に動くには追加緩和もしくな余程株が買われる要素が無いと難しいのではないかと思います。 黒田日銀総裁は以前に既に十分な域に回復したとの発言もあり、停滞もしくは何かのキッカケで下落になるんではないかと思います。 そのキッカケは中国ではないかと思うのですが、どうなるかは神のみぞ知るって感じですね。 海外に出る身としては下げてくれると嬉しいのですが、こればかりは相場ありきなのでどうしようもありません。

気になるあの国の〇〇ドル

僕が今一番気になっている通貨それがオーストラリアドルです!
オーストラリアは高金利通貨なので、外貨預金でも人気がありますが、
ここ数年の動きを見ると 僕はこれから長期的に下落し、74円近くまで下落するのではないかと見ています。 その重要要素も多分中国。

オーストラリアは資源国なのですが、その主な輸出先は中国。
中国の景気減退によって大打撃を受けるのは間違いないと思っています。
次期チャイナショックがあればまぁかなりの確率でAUD/JPYは下げるでしょう。
高金利・資源国・メジャー通貨という特徴を持つオーストラリアドルは、 今までも日本円対して他の通貨とは明らかに違う動きを見せました。

僕がオーストラリアにワーホリに行く頃に下げてくれれば良いなと思います。 まぁそれでオーストラリアの景気が悪くなって職が見つからないなんてこともあり得るのですが・・・。

まとめ

今日はちょっとむずかしい話になりましたが、いかがだったでしょうか?
生きていく上で切っても切れないお金の問題。
そして旅人に切っても切れない為替の問題。

何となくでも勉強しておくと世界の流れや力関係をつかみやすいのかなと思います。 同時に力関係や経済状況は治安につながりやすいですし、 物価の安い国、通貨の安い国は行きやすいし、そういった国へ移っていくというのもひとつの旅スタイルではないかと思います。
せっかく日本を飛び出して行くのなら肌で感じて勉強したいです。

それではまた!

booking
高確率で最安値で泊まれるBooking.com
ここから予約すると1800円のキャッシュバックが受け取れます Booking.com
ブログランキング

ブログランキングバナー復活しました!
クリックすると僕が喜びます。ただそれだけです。。。
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ
にほんブログ村

シェアする

スポンサーリンク

コメント

  1. とみひ より:

    こんにちは!
    タイのコムローイでお会いしたかったのですが(>_<)

    お金の話、勉強になります!
    頭痛くなりましたが(笑)
    半分程は理解したつもりで出発します!

    • saku より:

      とみひさんおひさです!こんちは!
      僕もそれを楽しみにしていたんですが、残念です(泣)
      コムローイに間に合わなくても最初の目的地はチェンマイなんで、チェンマイには行くんですけどね(^^)
      コムローイは一年お預けです(^_^;)

      お金は大事ですからね!お金と時間は有限ですから^^;
      もう近々出発なんですか???

  2. とみひ より:

    あ、でもとりあえずチェンマイなんですね!!
    私は来週出発です!
    バンコク行って、行けたらカンボジア行ってチェンマイでコムローイ見て、、、って考えてます!
    一年お先に見てきます!笑

    • saku より:

      そうなんですよー。チェンマイにしばらく住み着くかもしれません。
      コムローイいいなぁー!退職が思いの外話が進まなすぎてこんなになってます。僕も早く出たい^^;
      ブログ楽しみにしてますね♪

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です