TranscendのHDDが使えない!デジタルのお勉強

こんにちは。
PC音痴なのにカッコつけてmacを使ってます、サクちゃんです。

先日、ポータブルHDDを購入し、自宅に届いてつなげてみたのですが、 何故か中にフォルダを作れないし、写真のデータを入れようとしても入れられない。
なんで〜!?と?マークに襲われたPC音痴君。
結局すごく単純な原因で、windowsユーザーには必要のない作業でした。
ですがこれをやっておくとwindowsユーザーの方も、もしもの時に困らない・・・
かもしれないので HDDを初めて買った方は参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

macでも「そのまま使える」というネット情報

まぁ確かに繋げてすぐに認識してくれましたし、windowsではそのまま使えるんでしょう。
ですがmacでそのまま使えるというのは真っ赤なウソでした。
アイコンがデスクトップに出てきて開くことが出来ましたが、
書き込みや新規フォルダを作ったりという編集はできませんでした。
PC、デジタル系に詳しい人なら
「そんなん当たり前やん」となるところでしょうが、
よちよち歩きの僕には???でした。

世の中には「ふぉーまっと」ってやつがあるらしい。

フォーマットとは?

コンピュータで扱う文書画像動画などのさまざまなメディアのファイルを特定の利用方法やアプリケーションソフトウェアで共通に扱うための形式や規格のこと。

ウィキペディア参照

難しい事はよくわかんないんですが、僕の理解だと、

「僕のmacで使える形式と使えない形式があって使える方に設定してあげないといけない。」 ということ。  

例えばドイツイタリアにはメルセデス・ベンツ(windows)フェラーリ(mac)という会社あります。
それぞれの会社の綺麗なお姉さんに 「今晩、食事に行きませんか?」と手紙を渡しても それぞれドイツイタリアの会社ですから ベンツのお姉さんにイタリア語(mac用)で渡しても彼女は読めないし、返事も書けない。
フェラーリのお姉さんにドイツ語(windows用)で送っても同様の結果です。
そこで、それぞれに合った言語(形式)にしないとうまくいかないわけです。
※今回のHDDは読むことは出来ました。  

フォーマット形式を英語(win・mac兼用)にしよう

買ってきたHDDのフォーマット形式?(っていうのかな?) はwindowsに対応したものになっていてmacには対応していなかったようなのです。
これが使えない原因でした。

そこで僕はベンツフェラーリどっちかのお姉さんしか選べないのもなぁ。。。 と思ったので、いろいろ調べると 世界共通言語の英語にすればいいんじゃない? という結論に達し、それができることがわかりました。
フォーマットをexFATという形式にすることで両方に対応するポータブルHDDにできるようです。

それではやり方です。

まずmacでディスクユーティリティを開きます。 ディスクユーティリティ そしてHDDをつないだ状態でディスクユーティリティを開くと ポータブルHDD パーティション windowsフォーマット こんな感じのウィンドウが出るので左側からHDDを選びます。
そしてパーティションというところを選ぶと上の画像のようになります。

フォーマットのところが薄くなっていますが、windows NTの文字があるのがわかるでしょうか?
これを見てなるほどね〜となったわけです。
このパーティションですがHDDの中を区切ることができるようです。 HDDの中に部屋を作るイメージです。16個まで区切ることが出来ました。 区切っていくともちろん一つひとつの容量は少なくなっていきます。
僕は「フォルダで分ければいいや。」という考えなので、特に区切りはせずに一部屋だけにしました。 パーティションを選択すると、フォーマットの選択ができるようになります。 ポータブルHDD exFAT ここでexFATを選択します。
ちなみにパーティションでHDD内を分けるとそれぞれの部屋でフォーマットの設定ができるようです。
これで適用にすれば完成です。
無事にデータを入れることができるようになりました。 ポータブルHDD exFAT 終了 PC音痴の僕でも比較的簡単に出来ました。

macのみ対応のフォーマットにしなかった理由

僕は自宅にあるデスクトップPCがwindowsなので、そっちに繋げても普通に使いたかったということと、 いろんなところに行く中でどんなトラブルがあるかわかりません。
突如windowsに繋げなければならない状況があるかもしれません。
繋げられれば異国のスーパー可愛い女の子と仲良くなれるなんて男子中学生が考えそうな夢物語があるかもしれません。
なんにせよ、いろんなことに柔軟になっておくのはいいことだと思います。

使ってみた感想とまとめ

それから使ってみての感想ですが、 予想ほどデカすぎず、表面もラバーっぽい感じで変に高級感がないので指紋の汚れがついたり滑って落としたりという心配はあまりしてません。

むしろちょっと傷ついた方が味が出そうな、HDDらしからぬニクいヤツです。
無骨な見た目に似つかず、HDDということを忘れるくらいとても静かです。
耳を近づけないと聞こえないレベル。
耐衝撃の為に中核を覆っている分静かなのでしょうか?

唯一の心配の種、付属ケーブルは今のところ快調です。
書き込み速度も数百枚の写真データを移してもあっという間に終わります。
今のところ全く不満が無いですね。
良い買い物をしたと思います。
今回のようにPCに慣れてる人には何でもないような事でも、難しいと思う事がPC音痴の僕としては大いにあります。

こんなレベルの事ですら記事になるような人間ですので。
簡単すぎて調べてもなかなかわからないことが多いのも事実ですので
同じような人が一人でもいて参考にしてくれたら嬉しいです。

それではまた!

booking
高確率で最安値で泊まれるBooking.com
ここから予約すると1800円のキャッシュバックが受け取れます Booking.com
ブログランキング

ブログランキングバナー復活しました!
クリックすると僕が喜びます。ただそれだけです。。。
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ
にほんブログ村

シェアする

スポンサーリンク