世界一周やワーホリに必要だった英語力を30手前で出国したおっさんの例で紹介する

お久しぶりです。サクです。

今回はワーホリや世界一周の旅を考えている若者(とその他の同士)に英語について紹介したいと思います。

どこかに留学して英語勉強した方がいいのかな?全くわかんないんだけど大丈夫かな?とか、どうせなら美人の先生に教わりたいなとか、いろいろ考えちゃいますよね。

このブログにもよく僕が行ったチェンマイの英語留学に関しての問い合わせもいただきます。
(最近はブログを放置気味で返信が遅くなってすみませんでした。。)

僕は全くと言っていいほど英語がわからないまま出国したので、英語が心配で出国に悩んでいるという方がいらっしゃったら一つの参考にしてもらえればと思います。

それではどうぞ

スポンサーリンク

出国時の僕の英語力

最終的に僕は世界一周はしなかったんですが、アジアを周遊したあとオーストラリアで働き、ヨーロッパを旅してきました。

出国時には右も左もわからず、英語なんてほとんどわかりませんでした。
当時29歳。

僕は高校で工業高校に進み、卒業後は自動車整備の専門学校に進学したので、英語の授業は中学でほぼストップしていた状態でした。
「形容詞ってどういうやつ?」もはや日本語に問題があるレベルです。笑

就職して数年したころ、青年海外協力隊に応募したのですが、その時に希望した勤務地ではTOEICのスコアが400点以上必要ということで人生初のTOEICのテストを受験しました。2012年のことです。

その結果がこちら↓↓

ものの見事にすべてが平均点以下。
400点に届きません。笑

結果、希望の派遣先をいくつか書いた青年海外協力隊には不合格で(不合格理由は健康面の問題でしたが)、無残な結果となりました。

出国したのはこのTOEICのテストから3年半後でしたが、その後特に勉強することもなくバタバタしてるうちにあっという間に出国日になります。

多分、出国時にTOEICを受験したらこれより低かったんじゃないかと思います。

一カ国目タイ・スネークファームの衝撃

バンコクで予防接種をしたとき、会計で女の子に言われた「Three thousand」と「Two thousand」が聞き分けられず、こんなに分からないものかと思ったのを覚えています。

めちゃめちゃ凹んだ僕は同部屋の超かわいいフィンランド人ともあんなことやこんなことをする事も出来ず。

くやしいです!

そんなこんなでチェンマイに行き、語学学校に通います。
タイ・チェンマイ英語留学!NESに入校してきたのでかかった費用を公開します

学校は良くも悪くもカジュアルで教科書なんてありません。
とにかく会話をする中でまずは英語で話すことに慣れるという感じでした。

英語学習を続けるコツはとにかく辛く感じない事だと思います。
友達と楽しく遊ぶ中で自然と覚えたり使ったりするのが自分には合ってるなと思いました。
机に向かってカリカリ勉強するのは昔から苦手です。

チェンマイ留学では英語力が急成長とまでは行かないかもしれませんが、少なくとも英語に慣れることは十分にできたと思います。

費用対効果は高かったように思います。

もしチェンマイ留学を考えている方がいたらNESに入学する前にここにも是非行ってみてください。↓↓地図参照
僕の友人の作った学校ですので、ご連絡いただければ紹介することも可能です。
無料見学等も対応してくれると思うのでお気軽にどうぞ♪
(紹介料とか一切ないのでご安心を。笑)

旅の中で唯一の英語国

チェンマイで勉強した後、アジアを旅します。

アジアを回っていた時に感じたのは「英語って便利だな」ということと、「中学英語が分かれば海外旅行できると言っていた中学の英語の先生は間違ってなかった」ということ。

中学校で習う程度の単語(多分僕は半分くらいしかわかってないけど)がわかれば海外旅行は全く問題なくできるし、友達もできるとわかりました。

そんなこんなで辿り着いたオーストラリア。

はい、

会う人みんな何言ってんのか全っっっっっくわかりませんでした。笑

凹みましたね~笑

でも向こうが行ってることが分からなくても向こうは言いたいことを分かってくれるし、世界は優しいと、この時感じました。

文法とかボキャブラリーじゃなくて大事なのは熱量だ!と思ったのもこのころです。笑
熱量で仕事取れたようなもんですから。

その後ヨーロッパに渡り英語が全く伝わらない国でも熱量と笑顔で会話して、なんとかなりましたし、

鞄を盗まれて警察のお世話にもなりましたが、特に英語のコミュニケーションで困ることはありませんでした。

結局必要な英語力って?

僕がいろんな国を周って最終的に思う必要な英語力の基準はズバリ

中学校で習った英語レベル

です!

それだけあれば十分だと大真面目に思っております。

英検で言えば3級くらいあればそんなに心配いらないかと思います。

さっきTOEICスコア別理解度みたいなのをググったら、僕の390点は

相手にゆっくりと話してもらったとしても、簡単な会話を断片的にしか理解できないでしょう。自分から話しかける際にも、単語を並べる程度のため、日常会話においてもビジネスにおいても実質的には意思疎通が難しいレベルと言えます。 

確かに僕は数字すら聞き分けられませんでしたが、宿のチェックインもできたし、大衆食堂でパッタイを注文することもできました。
宿のルームメイトと「どこからきたの?」「仕事は何してるの?」とコミュニケーションをとることもできました。

なので点数なんて気にすることはないし、全くアテにならないなぁと思います。

日本に帰ってきて2ヵ月後、TOEICのテストを受けました

先月5年半ぶりにTOEICのテストを受けてきました。
今回は特に何かに使うわけではないのですが、単純にどんなもんかなぁと思って。

話に聞くところによると去年?だったかな。TOEICの内容がかなり難しくなったということで単純に比較ができないかもしれませんが、結果はこんな感じでした。

点数は555点。

面白い事にリーディングの点数は相変わらず無残な結果ながら(やってても本当にさっぱりわかりませんでした笑)、リスニングが全部の項目で平均点以上になっていました。

試験に向けて特に勉強をしたわけではないので旅をしているとやっぱり耳と脳が英語に慣れてくるみたいですね。

今後はリーディングを平均点に近いくらいとれるように頑張ってみようかなと思います。暇があれば(笑)

因みに555点のスコア目安はこうでした↓

企業が新入社員に期待するTOEICスコアは、2013年時点で565点というデータがあります。そのため、就活生の方は、このレベルを目指したいところです。 
TOEICスコア500~595点となると、飛行機やバス、電車の時刻表を見て理解することができます。 
表現力に欠ける点がありますが、「How do you feel?」「Where do you live?」など、短く簡単な文章でのやりとりであれば相手と意思疎通が可能なレベルですが、長く複雑な文章の場合はついていけなくなるでしょう。

就活生の目安くらいみたいですね。

飛行機、電車やバスの時刻とか・・・ほぼ時刻しか書いてない気がしますが(笑)

番外編

TOEICの勉強を全くしていなかったのは言い訳でもなんでもなくて、実は同じタイミングで中国語の検定試験があったからなんです。。。

正直そっちの方がヤバくて英語どころじゃなく・・・

勉強を始めたのが試験1ヵ月前。
その内1週間は旅行に行っていて、さらに就職活動などでバタバタした結果、勉強期間は約2週間。泣

受験料も地味に高くて、貧乏性の僕は同じのを何度も受けたくないので必死でした。

そして春節が終わり、結果が!!

なんと、、、

合格ーーーーーー!!

正直TOEICは遊びだったのでどうでもよく、HSKはリスニングが超難しくて、辛うじて聞き取れた単語から推測して答えてたくらいなので、

この結果はビックリでした!

リーディングで何点稼げるかが鍵だと思っていたらまさかの満点。
もう感無量を通り越して中国4000年の謎ですよ。この結果は。

旅に出て中国人の友達と出会わなければ絶対中国語をやろうなんて思わなかっただろうし、こういう思いもよらない変化が自分に起きるのが旅の面白いところですね。

英語に拘らず世界中で友達作って学びたいことを思いっきり学んでみたら楽しいと思います!

あなたの人生に幸あれ!

それではまた!

booking
高確率で最安値で泊まれるBooking.com
ここから予約すると1800円のキャッシュバックが受け取れます Booking.com
ブログランキング

ブログランキングバナー復活しました!
クリックすると僕が喜びます。ただそれだけです。。。
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ
にほんブログ村

シェアする

スポンサーリンク

コメント

  1. inforest より:

    ナイジェリア詐欺の話から、ワーホリと読ませて頂きました。ちょうど10年先のおじさんです、もと整備士でタイにも行って、ナイジェリア詐欺もと共通なことがありコメントしました。観光客詐欺の体験を話してみたいんで、返信いいですか?

    • saku より:

      共通点が多いんですね^^
      犯罪手口を知っていると防犯に有利ですからね、是非シェアして皆さんに教えてあげてください♪

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です