「自分探しの旅」って一体なんなの?

自分はどういう人間なのか、客観的に見られる人は少ないと思います。

僕も自分という人間があまりよくわからない。

かと言って僕が海外に出る理由は俗に言う 「自分探しの旅」ではないと思っている。
実際今あんまりそう言う人い見ないけど。
それでも海外に行くと友達に言うと、 未だになかなかの確率で「自分探しの旅ってやつ?」と聞かれます。

僕はそもそもこの「自分探しの旅」という言い方があまり好きではありません。
なんか今いる自分を無視してる気がして。
自分探し?自分はここにいるじゃん? 自分じゃないとしたら、
今ここにいるのは一体何なんだ? 妄想か?アバター? 毎日食って、毎晩寝て、綺麗な女性を妄想するただのタンパク質のカタマリ?

もっと今の自分愛して良いんじゃない? 可哀想じゃん自分。
僕は一人で行動するのが好きだし、楽です。

でもどんな人間だって孤独は辛い。 人が最も孤独を感じるのは、誰からも認識されない時だと思うんです。

だから無視しちゃいけないんです、存在を認めないことは人にとって最も寂しくて辛い事じゃないかと思います。
そして、誰からも信頼されず認められず、苦しくても絶対に離れちゃいけない人がいます。

親?親友?先生?上司? 違います。
それが「自分」僕自身・私自身なんです。 何があっても絶対に自分自身を信じてくれる自分がいる。
それが「自信」なんだと思います。
だから自信に根拠を持ってはいけません。
もし根拠があるとしたら、それは 「だってオレだし。」 「私だから」 が正当な根拠です。
根拠のある自信は根拠を信じてるだけで自分を信じていないと思っています。 自分はどこにあるわけでもない、自分自身の中にいつもある。

スペインにもブラジルにもカンボジアにもオーストラリアにもエチオピアにも探したって出てきやしないと思うんです。
ただ今まで経験したことのない事で自分がどう感じるのかを知りたい。
なので僕は「自分の知らない自分との出会いの旅」と思っています
それを「自分探しの旅」というのかもしれませんが。

booking
高確率で最安値で泊まれるBooking.com
ここから予約すると1800円のキャッシュバックが受け取れます Booking.com
ブログランキング

ブログランキングバナー復活しました!
クリックすると僕が喜びます。ただそれだけです。。。
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ
にほんブログ村

シェアする

スポンサーリンク

コメント

  1. BAN より:

    自分探しの旅って言う人は一定数いますね。でも自分も自分探ししたければ旅するんじゃなくて引き蘢れ!って思うタイプです。
    自分の事を知る為に情報を集めるよりも今ある情報を整理した方がどう考えても理に適っていると思います。自分探しの旅は相対的に自分を判断するだけであって自分を探す手段としてはかなり非合理的でしょうし。

    自分も新しい事との出会いを旅の目的の1つにしています。新しい事は何歳になっても楽しいですよね。

    • saku0726 より:

      BANさんコメントありがとうございます。
      自分探しの旅って聞く度に違和感を感じてました。共感できる人がいて嬉しいです^_^

      旅に出るのに年齢制限なんて無いですしね!自分の枠を超えた新しい出会いを思いっきり楽しみましょう♪

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です