はじめての中国旅行の必需品を紹介!オススメ無料VPNアプリなど

大家好(ダージャハオ)!サクです。

現在は四川省成都市に滞在してこの記事を書いています。
今回の訪中で厳密には3回目中国旅となるのですが、中国ではネット閲覧規制をはじめ通常の海外旅行とは少し違った苦労があります。

どれもちょっとした準備をしておくだけでかなりストレスを軽減することができます。
僕が3回の訪中で学んだ、これは準備おきたいというものをいくつか紹介します

スポンサーリンク

トイレットペーパー

いつまでもあると思うな親と紙。
中国のトイレではトイレットペーパーが置いてないなんてことはあたり前。
中国人が日本に旅行に来てどのトイレにもトイレットペーパーが、しかも予備まで備わっているということに感動するのはよく聞く話です。

トイレットペーパーは自前で用意しておきましょう。
紙がなくて困るのは当然なのですが、日本人旅行者がこのトイレットペーパーが必要になる場面が多い理由は中華料理。

本場の中華料理は日本人向けにアレンジされた日本の中華料理よりも遥かに味が濃くて油っこいのが特徴です。
また、あまり考えたくないですが品質管理も日本のレストランと比べると不安な所もあり、お腹を下す確率は日本にいる時の何倍にもなるでしょう

特に現在僕が滞在している四川は世界有数の激辛料理のメッカ。
何もなくても人によっては唐辛子と油そして四川胡椒で消化器官が壊滅します。泣

トイレットペーパーはコンビニなど色んな所で入手することができるので、もし忘れてしまっても大丈夫です。
また海外のものは日本のものよりも幅が狭くてコンパクトなものが多いので、持ち運びにこちらの方が少しだけ便利。なので現地調達でもOKです。
僕のバックパックには家から持ってきたトイレットペーパー1ロールが常時入っています。

トイレットペーパーはバックパックに着いた汚れを拭き取ったり、バックの中で緩衝材代わりになったりと色んな用途に使えるので、僕は中国だけでなく他の国に行くときも小さく潰して持ち歩いていることが多いです。

整腸剤

先程トイレットペーパーの紹介でもあったように、中華料理が原因でお腹の調子が悪くなることも多いので、整腸剤を用意しておくと多少の気休めにはなると思います。

海外の場合は日本の薬が全く効かないということもよくあります。
現地で調達できれば良いですが、中国では英語がなかなか通じません。

僕も歯磨き粉を購入しようとしたのですがtoothpasteが通じませんでした。
他の旅人さんの話によると、病院でheadacheが通じなかったなんて嘘みたいな事もあります。

そんな感じなので気休め程度かもしれませんが、一応日本から持っていくと良いでしょう。

マスク

これは地域にもよりますが、都市部では必須なのはマスク。
僕が北京に行ったのは7月でしたが、まだマシと言われる夏でさえ片側一車線道路の反対側の建物が霞んで見えるくらい大気汚染が酷かったです。

p7042110

これは紫禁城の裏山、景山から撮った写真ですが、これは幻想的な朝もやでも霧でも何でもなくただのスモークです。。。

北京の友人の話によると冬は本当にヤバイらしく、青空を見られるのは月に2、3回程度だそう。

中国人が日本でマスクを大量買いしていく気持ちもわかります。

中国にもマスクはありますが、現地の人が日本で買っていくくらいなので、品質は正直微妙です。

中国旅行の前に日本で用意していきましょう。
東京なんか目じゃないほど、本当に空気が酷いので複数用意していくことをオススメします。

wechat (微信)

これはないといけないわけではないのですが、これがあると圧倒的に中国人の友達が増えやすくなります
wechatは云わば中国版LINEです。

中国では中国版ツイッターの「微博」と中国版LINEの「wechat 微信」が圧倒的なシェアを誇っており、(というか他のSNSが全く使えないからなのですが。。。)主な連絡手段にはこのwechatが使われています。

ホステルで知り合った人やお店の店員さんなどと気軽にwechatで連絡先を交換なんて機会も頻繁にあります。
僕はホステルで知り合った、建造物に絵を書く仕事をしている人の写真を見たくて交換したり日本語と中国語の言語交換したい人と交換したりしています。
別にその人が美人だからってわけじゃないですよ・・・。きっと。笑

僕は連絡手段の他に、現地の情報目的地への行き方近場でオススメのレストランなんかをこのwechatで友達に聞く事が多いです。
wechatは1対1だけでなくグループを作ったり、タイムラインで友達全員に投稿を見せたりすることもできます。

そういった使い方をすると彼らの性格上、
1聞くと10くらいブァーーーーっと教えてくれるので(笑)
自分で調べるより早くてリアルな情報が得られます。

逆にwechatがないとその後全く連絡する手段がなくなるので、せっかくの異国の出会いを大切にしたいのなら、インストールしておくのが良いでしょう。
中国人以外の旅行者や滞在者も中国国内ではwechatを主に使っているので、外国人旅行者との連絡手段にもなります。Facebookやwhat’s appも使えないですから。

それから、中国の市内を通るバスや観光施設では無料WiFiが飛んでいることがあるのですが、そのアクセスにこのwechatを使うことがよくあります。

外出先でバスの番号を調べたい時などに役に立ちます。

僕も以前は中国製アプリに抵抗がありましたが、今では手放せないツールの一つとなっています。

google以外のメールアドレスと検索エンジン。航空券のeチケットのデータ保存

僕は旅にPCとスマホを必ず持って来ているのですが、中国では基本的にgoogleサービスが使えません

Gmail、Google Map、Google Calendar、など普段便利で慣れ親しんだこれらのサービスからしばしお別れしないといけません。

特に困るのが飛行機のチケットをGmailを使って取ったけど、ケータイにEチケットを保存してなかった!という時。

僕がまさにそうだったのですが、飛行機の時間や空港の名前が確認できません。
僕の中国旅はいつも入り口と出口が違うので本当に焦りました。

結局航空会社のマイページにアクセスできたので大丈夫だったのですが、僕の友人も同じ状態に陥り、ノートに取っておいたメモが無かったら出国できなかったかも。という自体にまでなりました。

因みにYahooメールは2016年現在使用することができます。
僕は中国旅用にyahooメールのアドレスを一つ作りました。

それからPCですがこちらもgoogle検索が使えません
ブラウザをGoogleChromeを使っている人も多いと思いますが、検索エンジンがgoogleのままだと使用する事ができないので、他のものに替えなければなりません。

GoogleChrome自体は使用可能です。
僕は楽天ツールバーをインストールしているのでこれも一応使えているのですが、これがまた遅い!

いくつか試しているのですが、今のところ調子のいいSafari+yahooの検索エンジンの組み合わせで落ち着いています。

VPNアプリ

ここまで中国でgoogleFacebookLINEなどのSNSが使えないと言ってきましたが実は抜け道があって、実際に中国に済む友人もこの抜け道を使ってFacebookインスタグラムの更新をしています。

それがVPNというものです。

ヴァーチャル・プライベート・ネットワークですかね。多分。

VPNを介して他の国のサーバーを経由することで、アクセス規制回避し、googleFacebookにアクセスできるようになります。
僕のがわかりにくい説明では難解と思うので気になる方は「VPN」で検索してください。
気にならない方は「VPNが繋がれば中国でもgoogleやFacebookが使える!ヤッホーィ!」と覚えてください。

で、このVPNは中国国内でインストールするのは難しいので、事前に用意していきましょう。

ポイントは複数のアプリをインストールしていくことです。

3回の訪中の内、時期や地域によって繋がるアプリが違うことに気づきました。
一つのアプリが全く繋がらなくても、他の一つはすぐに繋がったり、また全部ダメだったりと原因はわかりませんが本当に様々。

僕の場合は3つのアプリを用意しています。

  • Hexatech
  • Betternet
  • HotspotVPN

の3つ。
この内頻繁に使うのはHexatechBetternetです。HotspotVPNは中国人の友達に教えてもらったのですが、Betternetと特性が似ているのか、Hotspotが繋がる所はBetternetも繋がるという感じであまり使っていません。

僕は使っていないのですが、大理で働いている友達はGreenVPNというのを使っているそうです。

地域による違いですが、
東北地方や北京周辺に居たときはHexatechしかつながりませんでした。
しかも繋がるまでにかなり時間がかかります。
北京在住の友人もVPNはかなり不安定と言っていました。

それに対して地方都市の雲南省や四川省に居た時にはBetternetが瞬速で繋がってかなり重宝しました。
もしかしたら地方都市の方がVPNが繋がりやすいのかもしれません。

VPNを繋げているとバッテリーの消費がかなり早くなります。
なのでSIMカードを買って常時VPNを繋げたいという方はモバイルバッテリーを忘れずに用意しましょう。

またネットの速度もかなり落ちるので僕は普段は繋げずに必要な時にだけ繋げるようにしています。なので、すぐにサクッと繋がってくれるアプリが欲しいんです。
一つしかインストールしていなくて長々と繋がるのを待っているよりは、やはり幾つか持っていると心強いですね。

ここで紹介しているアプリは全てスマホ用のもので全て無料アプリです。
僕はスマホだけで十分だったので、無料スマホアプリで済ませましたが、

PCでもVPNを使いたい場合は有料の物に登録する必要があります。
PCでも無料の物があるそうなのですが、ほぼ使い物にならないとの情報もあるので、有料のものをオススメします。
有料のものの中には一定期間無料で試せるものもあるので、そういったものを上手く利用しましょう。

また有料のVPNサービスを使うとセキュリティ面でも安心です。

最大2ヶ月無料のVPNはこちら

VPN

中国旅は意外と手軽

僕が思った、中国旅で用意しておくべき物を紹介しました。
何かと不安が多い国ですが、今回紹介した物を用意しておけば後は財布とパスポートがあればなんとかなります。

中国は近くて遠い国というイメージでしたが、来てみると気軽に安く行ける海外旅行先だなと感じます。

確かに日本よりかなり汚れてたりうるさかったり人が多かったりしますが、それも一つの海外旅行の楽しみの一つ。

食事も200円くらいでお腹いっぱい食べられるし、交通費も安い。
航空券も僕は毎回往復12000円以内で済んでいます。
台湾、韓国のお手軽海外旅行に飽きてきた方には中国も意外とアリかもしれませんよ♪

それではまた!

booking
高確率で最安値で泊まれるBooking.com
ここから予約すると1800円のキャッシュバックが受け取れます Booking.com
ブログランキング

ブログランキングバナー復活しました!
クリックすると僕が喜びます。ただそれだけです。。。
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ
にほんブログ村

シェアする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です