中国の不安要素と訪中3日目の状況〜VPNアプリは果たして使えるのか〜

大家好!我是サク。

ブログの更新をサボり続けていた間に

6月25日 中国の哈尔滨(ハルビン)に到着しました。

初めての中国。自分史上最北の地です。
場所は北朝鮮よりも更に北。多分、宗谷岬よりも北にあります。
もっと寒いかと思ったのですが、すこぶる快適な気温で過ごしております。

これから約一ヶ月間の中国モンゴル旅の始まりです。

今回僕は日本→中国→モンゴル→中国→日本という旅の予定です。

世界一周するつもりで今年1月に出国したのですが、予定が狂って今年は近場にちょこちょこ旅に出る感じになりそうです。

まぁそれはいいとして、

今回の中国旅に関して、事前に気になったことと実際に来てみてどうなの?って所を今回は書こうかと思います。

と言ってもまだ3日目で数カ所観光しただけなのですが。

スポンサーリンク

訪中前に気になってたこと

  • 中国・モンゴルビザと滞在期間
  • 春秋航空の重量制限が厳しいとの噂
  • ネット規制
  • 反日感情
  • 言葉の問題

事前に気になっていたのはそんなところです。

滞在期間のこと

今回の中国旅ではビザは取得していません

日本人の中国ビザ無し滞在期間15日間です。

僕は一度ビザランがてらモンゴル観光に行くことで一ヶ月ちょっとの旅の予定をしています。

今回僕は名古屋からハルビンに来たのですが、チェックインの際、ビザ無しだったので滞在期間に関することで少し聞かれました。 

一度モンゴルに出るということ、モンゴルには陸路で行く予定だということを伝えたら大丈夫でした。

モンゴルには日本人はビザ無しで1ヶ月の滞在ができるということです。

中国に再入国して帰りの便までの滞在期間が15日以内になるように調整して行動していきます。

中国春秋航空(スプリング航空)の重量制限とルール

今回僕は中国春秋航空というLCCを使っています。

毎月9日にやっているセールは本当に安いので、とにかく安く中国へ行きたい!という人にオススメです。

因みに僕が取った航空券は

名古屋~ハルビン 3569円

常州 ~ 名古屋 8299円

なので、中国往復が12000円でお釣りがくる程度でした。

この航空会社が他のLCCとちょっと違うのは、チケットの金額に受託手荷物の料金が含まれています。
そしてビックリなことに、このセール金額のチケットでも受託手荷物の料金が含まれています

他のLCCの様にオプションで受託手荷物料金を払う必要がありません。

セールのページに荷物の記載がなかったので実際に春秋航空に電話で問い合わせをしてみたのですが、受託手荷物と機内持ち込み荷物が合計で15キロ以内ならOKとのことでした。

ただし、機内持ち込みの制限は5キロと、今は一般的には7キロまでOKだったり、ScootならPC持ち込みの場合10キロまでというLCCもある中、春秋航空は少し厳しい条件になっています。

ですが良い所もあって、もし機内持ち込みが5キロ以内に収まっている場合は、5キロから荷物重量を引いた残りの分は受託手荷物に充てられるとのこと。

例えば機内持ち込み手荷物が3キロに収まったとしたら受託手荷物は12キロまでOKということです。

僕の場合チェックインの時にメインバックと折りたたみサブバッグを一緒に重量計に載せて量って、サブバッグ単体では量られなかったので見た目で判断しているのかもしれません。

ポケットに突っ込んだモバイルバッテリーや財布、ケータイ等の小物も全くスルーでした。

受託手荷物の追加オプションもありますが、セール金額ではそれが出来ないので安く済ませるならやはり荷物を軽くするのが良いでしょう。

重量オーバーの中国人がかなり居たせいかチェックインの時間は割りと押すので、余裕を持った早めのチェックインをオススメします。

機内はリクライニングも出来なかったし決して広いとは言えませんが、短いフライトでしたし僕はそれほど苦痛ではありませんでした。

他の乗客もそれほどうるさくもなかったです。

中国のネット規制の対策と結果

中国ではFacebookインスタグラムツイッターLineなどのSNSが使うことが出来ません。

そこでVPNを使います。中国人の友達にも聞いてみるとやはりVPNを使っているとのことです。
VPNっていうのは簡単に言うとネット上に中継地点を入れるものと理解してます。

例えば

中国 → Facebook だと間に習近平が邪魔するので

中国 → どっかにおいてあるサーバー(例えば日本) → Facebook

とすることで、中国からは直接Facebookにアクセスするのではなくブロックされていない場所を経由することでブロックを避けるといった感じですかね。

僕も日本で調べて一応スマホに使えるとされていたVPNのアプリを2つほどインストールしていったのですが、

コレがものの見事に使い物になりません(笑)

全く繋がらんです。はい。

参考までに僕が入れたVPNは

  • Betternet
  • Hexatech

というヤツです。

どちらも日本ではバッチリ使えたのですが、こっちに来てからは全然ダメですね。

時間帯や地域によって違うかもしれませんが。

逃げ場なしの状況でどうなのか?

意外と大丈夫です。

わりと普通にネット使えますよ。

googleサービスが全て使えないと思っていたのですが、PCからはGoogleChromeも使えています。

ただgoogle検索はダメっぽいので検索エンジンは他のものにする必要があります。僕のクロームは楽天のツールバーをインストールしていますが、これは一応使えています。

が、ちょっと重いのでいろいろ試していますが今のところSafari+yahooの検索エンジンが調子いい感じです。

Gmailは使えませんが、Yahooメールは使えてます!

中国でGoogle Mapを使う方法

役に立つか分からない豆知識です。

 スマホのgooglemapは使えないのですが、Booking.comのサイト内ではgooglemapを使えています。

ホテルを地図で見る。みたいなとこにあるgooglemapです。

Booking.comがVPNのような役割をはたしているのでしょうか?

もしかしたら・・・試しにと思って試しにこのブログに埋め込んだgooglemapを見てみたら・・・・・


スクリーンショット 2016-06-27 10.51.45

真っ白でした(笑)

ちぇっ。

因みにスマホのBooking.comアプリで地図を見ようとしてもダメでした。

スマホのアプリは地図を見るときにGooglemapのアプリを使うのかもしれません。

PCでしかもWiFi環境下で地図見れてもあんまり意味無いじゃん。と思ったあなた!!!

ホントその通り。僕もそう思います。

やはり日本でmaps.meとか入れてくるのがいいですね。

僕も入れてますが、個人的にあんまり好きじゃないんですよねあれ(T_T)
googlemapに慣れてるとちょっと使いにくくて。

でもオフラインで地図が見られるのはでかいです。
入れていきましょう。

こっちではGoogleplaystoreすら開けませんから、できる準備は全部していきましょう。

反日感情

これはタイで生活していた頃から中国人の友達はたくさん居たのであまり心配していませんでしたが、

今のところ全く感じません。

今回の僕のルートはいわゆる「満州国」であった場所を通って行き、最後はあの「南京」で締めるというある種の「反日実際どうなのツアー」です。

薄い知識ながらも敢えてそれっぽいルートを取っています。昨日も反日感情煽りまくってる所に行ってきました。

街中やホステル内では全くそういった感じはありませんが、年齢層が上がったりしたらどうなのでしょうか。

タイで出来た友達には老人というほど年齢が上の肩は居なかったので、その辺がどうなのかは不明です。
今日同じ部屋に60歳以上と見られる男性が入ってきたので、少しでも話せたら良いなと思います。

幾つか中国政府が猛アピールしてる日本に関する施設に行く予定なので、またレポートしますね。

ネットで調べてもあんまり詳しい情報が出てこないし、「行ってきました」って事と感想がちょこっと書いてある程度のものばかりなので、どんな感じなのかできるだけガッツリ見て紹介します。

潜入捜査みたいな感じで書いちゃいましたが、僕自身は中国人の友達は大好きですし、

実際、中国版LineのWechatというアプリで「誰かハルビンのバスどうやって乗るか教えてー」と聞いたら「どうしたどうした?大丈夫か?」ってすぐに盛り上がってwほぼ中国全土網羅しているすごいネットワークがあっと言う間に出来上がりました(笑)

英語がわからなくても、私のとこに遊びに来て!って人もいるし、中国人のこういう身内愛の深い所は好きです。

言葉も殆どわからないし、海外に出ている人とどこへも行ったことがない人とで考え方が全然違うらしいのでじっくりこの国を見ていこうと思います。

言葉の問題

タイに居る時に僕は独学で中国語の勉強を始めました。

スタートは本当に「 你好」「谢谢」くらいしか知らなかったのでほぼ0スタートと言っていいでしょう。

中国に来たのは少しでも中国語の練習をする為でもあります。

今ホステルに2泊している所ですが、昨日高校生の男の子と友達になりました。

中国語で会話する中で挨拶や「どこから来たの?」「歳はいくつ?」みたいな決まり文句だけは言ったことはなんとか聞き取って貰えるけど答えがなんて言ってるか全く分からないという状況です。。

ホステルでゆっくり話せるからまだいいものの、買い物で屋台のおっちゃんと話す時なんて本当に全くわかりません!

道は果てしなく長い。。。

地方によって訛りも全然違うし、少しでも上達して帰りたいと思います。

以上訪中3日目の状況です。

こんな感じで過ごしています。

タイの事もあまり書かないまま中国旅編に入ってしまいそうですが、近くて遠い国・中国旅の様子をこれからお送りしていきます。


それではまた!

booking
高確率で最安値で泊まれるBooking.com
ここから予約すると1800円のキャッシュバックが受け取れます Booking.com
ブログランキング

ブログランキングバナー復活しました!
クリックすると僕が喜びます。ただそれだけです。。。
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ
にほんブログ村

シェアする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です