夜に着いたチェンマイ。宿を怪しげなオッチャンに委ねてみる

遂に到着したチェンマイ
ここが僕がタイに来た理由と言っても過言ではない場所です。

チェンマイは旧市街と新市街に分かれていて。下の画像の四角いエリアの中が旧市街になります。
旧市街の中には綺麗なお寺もあるし、露店や安宿も多いし、車通りも少なめで歩きやすいのでオススメ。

P_20160119_212629

電車があるのかどうかもわからなかったので宿は取っておらず、突撃で空いているところへ転がり込む作戦です。

旧市街の外れの方に安い宿があったはずなので、賑やかな道から外れた薄暗い路地の方へと歩いていきます。
ウロウロしてると客引きみたいな怪しいオッチャンに捕まる。

「ここは一泊300バーツだ。どーでぃニーチャン」(と言っていると思う)

僕は高くても250バーツ以内で収めたかったので、

「ちょっと高いよ」と言うと

「幾らならいいんだ?」とオッチャン。

「そーだなー。200くらい。」

と言うと、

「よしわかった。着いてきな。」

と言われオッチャンに着いて行くと一泊180バーツのドミを紹介してくれるオッチャン。
そして、オッチャンはじゃあな!ってまた暗闇の中へと戻って行きました。
怪しいオッチャンはただの親切な良い人でした。笑

スポンサーリンク

チェンマイに着いて初めての宿。

2段ベッドが2つ。4人部屋のドミトリーです。

僕の他には中国人3人

猛烈な中国語が飛び交う中で一人佇むジャパニーズ。

完全に蚊帳の外かと思いきやこの3人がめちゃめちゃ良い人達で、

「何か飲む?」と言って買ってきたジュースをくれたり、僕が会話に全く入れないのを気遣ってくれて英語で僕にも話を振ってくれたりして、

なかなかコミュニケーションがうまく取れないなりにも楽しい時間を過ごすことが出来ました。

日本のメディアの影響で中国人って日本人のことを嫌ってるのかなとちょっと心配でしたが全くの取り越し苦労です。

特に22歳のジョンはちらっとこっちを見ては爽やかな笑顔をくれる好青年。
多分女の子が学校で同じクラスの男の子にされたらキュンと来ちゃう系のスマイルの持ち主。

さり気なく笑顔を贈るという飛び道具を22歳から教わる29歳独身彼女なし
技の為に師は選ばず。 by サク

ジョンは去年大学を卒業したばかり。
ベトナム中部からベトナムをホーチミンまで南下。
ホーチミン→カンボジアのプノンペン→シェムリアップ→タイのバンコク→チェンマイ(今ココ)→パーイ

とその殆どを自転車で旅しています。
若さにあふれてます。

IMG_2895

僕が22歳の時と言ったら会社でロボットのように働いていたころです。
そして最後の彼女と別れた頃です(笑)

その頃、僕は学校を卒業したら働くのがあたり前だと思っていて、

僕が学生の頃は友達も「何もしたいことが無いから、とりあえず大学いく」と言って学生してた人が多かったように思います。

そんな人達を見て僕は「なんて無駄な時間を過ごしているんだ」と当時は思っていました。
ですが今になって思うのは「とりあえず大学」という選択肢は意外とアリだったんじゃないかと思います。

適当に大学で遊んでるのが良いというわけではなくて、環境が変わることで自分の感性が変わる可能性があるからです。
付き合う人・住む場所・仕事。これを変えると人生が大幅に変わるという話を聞いたことがあります。

このジョンの旅も、ある人からしたら「それで何になるの?」と思うかもしれません。
ですが、この旅を通じてジョンが得られるモノは彼の人生に大きな影響と自信を与えてくれるでしょう。
そしてそれは彼の旅と同じ期間働いて得られる給料やスキルとは全く違った性質のものだと思います。

したことがないことや、したいと思ったことを実際にするのは思っている以上に労力も勇気も必要とします。
それは長く同じ場所にいる人ほどそうでしょう。

それは単に会社を辞めるということではなく、例えば上司考えが間違っていると思った時に自分の中に抑えたままにせずしっかりと意見する。
自分勝手なパートナーに良くない事は良くないと注意する。
そういったこともそうです。

僕はサラリーマンを8年半もやっていたので、それが出来ない人を仕事の中で何度も見てきました。そしてそういう人を上司に持つ大変さもよく知っています。

そういった人のような固執した物事の考え方は結局のところ環境経験が少ないところが影響しいているのではないかと思うのです。
「この会社一筋」というサラリーマンは会社からしたら良い人材かもしれませんが、見聞を広げる努力を自らしないと会社という柵がなくなったら裸の王様ならぬ裸の貧民です。

人生が変わるのは自分の足で一歩踏み出したその瞬間からのみだと思っています。
もし今何か思いとどまっている事があるのなら、柵の外にいる人に会いに行ってみては如何でしょうか?

桃源郷があるかもしれませんよ。

晴れてチェンマイ生活スタート

チェンマイで最初に会った中国人がこのジョン達優しい3人で本当に良かったです。

そしてこれからチェンマイでの生活が始まります。

生活??

そう、チェンマイではある目的を持って最初から沈没生活するつもりで来ています。
なので頻繁に移動するバックパッカーは少しお休み。

そしてこれから僕の生活は普通のバックパッカーと違ってしばらくは移住系バックパッカーとなります。

僕の旅は世界中に友達を作る旅

ここチェンマイでは世界中からバックパッカーが集まって来ています。
(というかここの居心地が良すぎて住んでしまっている人が多い気すらしますが)

そんなチェンマイで世界の人としばらく遊んでいきます♪

そして次回からは多くの旅人を魅了するチェンマイでの移住系バックパッカーの生活の様子をお送りしていきます!

チェンマイでたくさんの中国人と出会うことになるわけですが、
中国人のコミュニティの凄さと日本のメディアのプロパガンダを実感するのでした。

そしてやっぱり一口に〇〇人と言えないなと。

それではまた!

僕が20代半ばの頃にある大富豪実業家の方に勧められた本です。

なかなか一歩踏み出せない人には是非読んで頂きたい一冊。

やりたいことを出来ない会社の同僚に貸してあげたところ、最初の数ページで泣いたと言ってくれました。もしかしたらあなたの感じているモヤモヤ感を無くせるかもしれません。

大金持ちをランチに誘え! 世界的グルが教える「大量行動の原則」

ダン・ケネディ 東洋経済新報社 2007-03-30
売り上げランキング : 8702

by ヨメレバ
booking
高確率で最安値で泊まれるBooking.com
ここから予約すると1800円のキャッシュバックが受け取れます Booking.com
ブログランキング

ブログランキングバナー復活しました!
クリックすると僕が喜びます。ただそれだけです。。。
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ
にほんブログ村

シェアする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です