#4 長春到着「偽満州皇宮博物院へ」~ラストエンペラー溥儀の扱いって一体・・・~

 長春駅

長春駅に到着。

中国の駅はとにかくデカイ。

人混みと客引きと物乞いをスルーして予約したホテルへ向かう。

チェックイン可能時間よりも3時間程早い時間に着いたが、部屋に通してくれた。

中国ではココらへんが結構曖昧な印象がある。

スタッフに英語が全く通じないホテルだったので、拙い中国語と英語をごちゃまぜにしながらチェックイン。幼児レベルの中国語でもなんとかなってしまうもんだ。

荷物を部屋に置いたらすぐに出発。

長春の目的地は「偽満州国皇宮院」

日本統治していた満州国を認めないという意から「偽」の字を入れ「偽満州国」と表記し、外見は満州国でも中身は日本でしたよーという事をアピールするための施設らしい。

ここで得た印象は、731部隊の跡地で受けたものとは違う物だった。

 

この施設は単なる中国共産党の宣伝施設だという印象。

まず溥儀の事を持ち上げて「苦痛に耐え・・・」とか「不本意ながら・・・」「市民の為・・・」みたいに褒め称えてかつ日本を叩いたかと思ったら、今度は溥儀をボロカスに叩き、それを共産党が助け更生させた、結局共産党はすばらしいですよー。という内容。

大した知識もない僕の意見なので僕の意見を鵜呑みにしない方がいいと思うけど、これが一旅行者の素直な気持ちなので他にも同じように受け取る人も多いのではないか。

溥儀は生前もいろいろと苦しんだらしいけど、亡くなった今では見事に共産党のダシとなっているわけで。

散々たる人生だなと・・・。

それから、ここは中国の指定する最上級の観光施設らしいです。

歴史的な価値はあるとは思うのでそれらを実際に見られたのは良いけど、共産党のスタンスに興ざめかなぁ。

入場料は意外と高くて80元。(2016年7月現在1200円ちょっと。)

帰り道に路上市場に寄ってホテル戻る。中国は果物が安くて美味しい。

巨峰が一房120円くらい。プラムが1つ10円くらいで買える。

p6281642

果物好きにはたまらない隠れフルーツ天国。多少の心配はあるけど。。

でもそんな事考えてると餓死しそうだからあまり気にしなくなった。笑

ホテルに買える前にご飯。チェーン店ぽい牛肉面のお店に入ると外国人が珍しいのか、店員さんが興味深そうに話しかけてくる。

日本人だというとやはり反応が大きい。

留学生かと聞かれたが、ただの旅行者だよ。と答えるとwechatを交換してくれと言われ、連絡先を交換。

海外の情報が欲しいのか友達を作りたいのかはよくわからないがコチラとしても面白い。

すごく親切にしてくれて良い人だが長春滞在は1泊だけなので、その後会えないのが残念だ。

因みに牛肉麺はめちゃめちゃ美味くて10元。

店内に猫がうろついてる辺り、に中国らしさを感じる。

中国語で猫は「マオ」という。

毛沢東の毛も「マオ」。

ということで猫は大事に大事にされている。

・・

・・・

・・・・かもしれない。

信じるか信じないかはアナタ次第。。

booking
高確率で最安値で泊まれるBooking.com
ここから予約すると1800円のキャッシュバックが受け取れます Booking.com
ブログランキング

ブログランキングバナー復活しました!
クリックすると僕が喜びます。ただそれだけです。。。
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ
にほんブログ村

シェアする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です