オーストラリアワーホリ入国後使った便利なサイトまとめ

ども!オーストラリアにワーホリビザで入国しましたサクです。

最近のオーストラリアワーホリといえばバックパッカー税が導入されたり、年齢制限が変わるとかいいながらなかなか変わらなかったりといろいろと話題に絶えないですね。

そんなオーストラリアワーホリに来てからの僕はというと、とにかく仕事が無くて大苦戦!!

というか仕事自体はたくさんあるのですが、レジュメを配れど配れど一向に反応がない。。

ジャパレスとかに行けばもっと簡単に見つかるんでしょうけど、そこは本当の最終手段としてとっておいてファーム・ファクトリー・ローカルジョブにひたすらアプライし続けています。

僕の場合、日本での仕事のスキルがあるのでその技術を活かしての就職活動もしているのですが、面接までこぎつけるのも一苦労。

技術面では自信があるのですが、どうしてもネックになってくるが英語のスキル。

海外旅行に一人で問題なく行ける程度の英語力では全く話にならないという現実を突きつけられています。

確かに日本でやっていた事を英語で全部言えと言われたら相当難しいので、仕方ありません。僕の能力不足です。

そんなこんなで幸か不幸か仕事の求人を探すスキルだけは着々と伸びています。(笑)

今回はオーストラリアで仕事を探す上で便利なサイトや方法を紹介しますので参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

友達の紹介

いきなりサイトとかではない所から始まりましたが、本当にこれが一番間違いない方法

現地で知り合ったどのワーホリメーカーさんも納得の方法です。

国籍問わず、友達からの情報はリアルタイムで有力な情報が多いです。

僕はオーストラリアに来た時には、日本人ワーホリメーカーさんは誰一人知りませんでした

それでもワークホステルに突撃しているうちに何人かの日本人と知り合い、ライングループで情報共有するようになりました。

ブログを書いている僕が言うのもなんですが、ブログ等で紹介されている情報は既に古く、現状は全く違っている事が往々にしてあるので、何かのブログで「稼げる!」とか書かれても鵜呑みにしない事をオススメします。

1500キロ離れた街に3日かけて行っても仕事がない。アコモは一泊70ドル。とかそんな現実がわりと普通に待ち受けています。

情報は鮮度が命!

だからこそ友達からの新鮮な情報が貴重になるのです。

日本人意外で特に情報量が多いのは台湾人

ただ彼らにコミュニティは台湾人限定情報だったり、グループで動くので彼らの枠だけで埋まってしまったりということもあります。
また一部のオージーから台湾人に関するネガティブな噂を聞いたことがあります。
ただ情報量が日本人と圧倒的な差があるのは間違いありませんし、基本的には親日的な人が多いので協力してくれる人も多いです。

実際僕もタイで知り合った台湾人に情報を聞いたらすぐに周辺ファームの情報を教えてくれました。結局そこでは仕事はありませんでしたがとても感謝しています。

ネットで仕事を探す

現地に直接突撃するのもいいですが、ネットを使ってある程度調べて行く方が効率が良いです。

僕が見ていた中で情報量が豊富かつ更新が頻繁にされているサイトが

他にも幾つかサイトを見ていたのですが、大体のネット上の求人情報はこの2つにあるような気がします。

Gumtreeはクラシファイドと呼ばれる生活全般の売買情報などが載っているサイト。

使い方もそんなに難しくないですし、Gumtreeに登録しなくても求人のある会社やエージェントに直接申し込んだり、住所をメモして直接レジュメを渡しに行くのもアリです。寧ろこちらの方が印象が良いです。

本当に色々な仕事が載っていて、ゲイバーのストリッパーや指定された街中の写真をケータイで撮るだけで時給20ドルという仕事など日本ではなかなか無いような面白い求人もあります。

seekは求人専門のサイト。

様々な分野の仕事が検索できます。

自分のやりたい仕事のキーワードを入れて検索してみましょう。

僕の場合はMechanicHousekeeper, Cleaner, fruit pickingなどいろいろと探してみていますが、更新率も高いので毎日チェックしてもいいと思います。

このサイトに関しても直接行けるのであれば直接行った方が良いと思います。

ファームで仕事を見つけるのはネットでは難しい?

ネットでフルーツピッキングの仕事を探そうと思ってもなかなか見つかりません。

今は時期ハズレで収穫できるものがほぼ無いのも原因だと思うのですが、ファームジョブは現地のワークホステルなどに聞いて周るのが近道でしょう。

ネットでのApplyを受け付けていない所も多いですし、ファームのスタッフも実際に会った方が連絡もくれます。

街のビジターセンターファームジョブを探しているというと、ワークホステルのリストをくれたりするので、初めて行く場所はビジターセンターに行くと良いと思います。

繁盛期であれば直接行って仕事がすぐ貰えるかもしれませんが、街によってフルーツピッキングジョブはエージェントがエリアを牛耳っているということもあるようです。

僕が突撃就活している時に果樹園のスタッフが教えてくれました。

ワークホステルで知り合いが出来れば情報ネットワークも広がりますし、行動する価値はあり。

セカンドビザを取れるファームを調べる方法

ファームで働く人の殆どがセカンドビザを取ることが目的の一つにあるのではないでしょうか?

正直ファームは当たりハズレがあるし、稼げるという一部の情報に踊らされて来たはいいものの、稼げない事で有名なストロベリーファームで泣く泣く日数稼ぎという状況の人もたくさんいます。

本当に渡豪前から時期場所をしっかりと調べてからファームで働くことをオススメします。

セカンドビザについて調べると「決められた地域で」とか「指定のエリアで」などと濁して紹介している事が多いですよね。

僕も結局どこで取れんの!?とヤキモキしたのを覚えています。

あとは「こちらのサイトで・・・」とリンクを貼っているもののトップページに飛んで結局なかなか分からないパターンとか。笑

そんな僕と同じ思いをしないためにこのページでしっかりと紹介します。

まずセカンドワーキングホリデービザを取得するためには「決められた地域で」88日以上働く必要があります。笑

で、その決められた地域っていうのが問題ですよね。

これはPOSTCODEつまり郵便番号で指定されています。

こちらのページで詳細が記載されています。
「Regional areas」という所を開いてみてください。
それぞれの州のPOSTCODEが一覧で掲載されています。

頻繁にルールが変わるようなので、必ず最新版をチェックしましょう。

この記事を書いている現在の指定地域はこちらです↓↓

State/territory

Postcode

Australian Capital Territory

The Australian Capital Territory is not classified as part of regional Australia.

New South Wales

2311 to 2312
2328 to 2411
2420 to 2490
2536 to 2551
2575 to 2594
2618 to 2739
2787 to 2899
Note: Excludes Sydney, Newcastle, the Central Coast and Wollongong.

Northern Territory

All of Northern Territory is classified as part of regional Australia.

Queensland

4124 to 4125
4133
4211
4270 to 4272
4275
4280
4285
4287
4307 to 4499
4510
4512
4515 to 4519
4522 to 4899
Note: Excludes the Greater Brisbane area and the Gold Coast

South Australia

All of South Australia is classified as part of regional Australia.

Tasmania

All of Tasmania is classified as part of regional Australia.

Victoria

3139
3211 to 3334
3340 to 3424
3430 to 3649
3658 to 3749
3753
3756
3758
3762
3764
3778 to 3781
3783
3797
3799
3810 to 3909
3921 to 3925
3945 to 3974
3979
3981 to 3996
Note: Excludes Melbourne metropolitan area.

Western Australia

​6041 to 6044
6076
6083 to 6084
6111
6121 to 6126
6200 to 6799
Note: Excludes Perth and surrounding areas.

こちらの地域で働けば「指定の地域」で働いたことになるのですが、中にはこの地域内でも対象ではないファームも一部あるそうです。

そういうこところはいわゆる悪徳ファームであることも多いので、働く際には確認はするようにしましょう。

ファームの場所を調べる方法

もしあなたが車を持っているとしたら、ファームに直接出向いてレジュメを配るという選択肢も可能になります。

でもファームって一体どこにあるの?というのが問題になります。

僕が車でファーム巡りをしていた際に参考にしていたのがこちらのサイト

Pick up world

ヨーロッパ系のサイトだそうですが、地図上で視覚的に場所が分かるのでなかなか見やすくて便利。

ただ行ってみると実際の場所は違っていたりまたはなかったりということもあるのであくまで参考までに。少なくともファームがあるエリアは何となくですが掴めると思います。

中には過去の労働者によるレビューがあるところもあるので覗いて見てみると良いでしょう。

因みにこのPick up world収穫時期もいろんなところで推奨されるHarvest guide同様あまりあてにならないので実際の収穫時期を知る必要があります

1ヶ月以上ずれ込むなんてことがよくあります。シーズンが始まる少し早めに行って数日待って働き始める計画が1ヶ月以上またなければ仕事が無いなんて大誤算もいいところです。

このサイトでファームがどの辺りに多いかを調べることができますが、もちろんサイトに乗っているファーム以外にもたくさんのファームがあるので、突撃就活する際にはレジュメを多めに持っていくと良いでしょう。

オーストラリアの最低賃金を調べる方法

求人情報を見ていると給与待遇のが「Pay guideによる」みたいな表記見ることがあるかもしれません。

こういう所は大抵最低賃金なのであまりこういうところにアプライすることは気が進まないかもしれませんが、各職種の最低賃金を知っておくことは仕事を探す上で大事な情報の一つです。

オーストラリアの最低賃金職種働く時間毎に決められており、
こちらで確認することができます。

週末や祝日、早朝、夜のレートも載っているので、参考になると思います。

最低賃金が払われていないような所では違法のバイトということになります。

ただ、税金の関係で合法の最低賃金よりも違法のバイトの方が稼げるなんてこともあります。

それを検討するためにも賃金を把握しておきましょう。

ネットとネットワークを使えるったけ使いましょう

オーストラリアで就活に役立つサイトをざっと紹介してみました

一番役立つのはやっぱり生の情報、新鮮な情報なので自分の足で色々と動いてみるといいと思います。

また便利なサービスがあれば紹介していきますね!

それではまた!

booking
高確率で最安値で泊まれるBooking.com
ここから予約すると1800円のキャッシュバックが受け取れます Booking.com
ブログランキング

ブログランキングバナー復活しました!
クリックすると僕が喜びます。ただそれだけです。。。
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ
にほんブログ村

シェアする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です