i phoneを卒業してAirDropを失ったMac使いの僕の救世主「AnySend」が使えすぎる

アンドロイドがエクスペリアと比べる対象ではない事を理解しました。

サクです。

今日はIT音痴界の貴公子ことわたくすの最近のオススメアプリを紹介します。

先日この記事で書いた通り、i phone を卒業してアンドロイドケータイを使うようになりました。

もう立派なアンドロイダーです。
変身ベルトでも作ったほうがいいでしょうか。

やっとマイクロSDカードも購入して、これで容量気にせずガンガン美女の写真撮れるぜー!

と意気込んでいた僕にソッコーで壁が立ちはだかりました。

時代は無線!

mac・Android・win対応の「AnySend」があればサクサク快適ブログライフ

新しいケータイで、まずは記事用に写真を撮って、

zenfone君にUSBケーブルに繋いでMacBook Airにカシャッと挿せばお利口なMacBook Airzenfone君を優しく迎えてくれて中のSDカードのデータを千里眼の如く読み取ってくれる。。。

はずだったのですが

どーにもこーにもうまくいきません。USB挿すとこんな表示が出てきました。

スクリーンショット 2015-12-19 17.47.22

無情にもzenfone君が充電中の表示をして、macのバッテリー電力のみを吸い取っていきます。

今までi phoneで写真を撮っていて、
勝手にi cloudにあがってくるか、
最近使い出したair dropっていうスーパー便利な機能を使ってチャチャッと画像を送れていて

USB繋げなきゃいけないんじゃちょっと面倒になるなぁと思っていたのですが、

どうもこのままでは USB どころか SDカード を ケータイから外してリーダーに挿して読み込ませないといけないみたいだ。

ちょーぜつめんどくっせぇ。

なんせzenfoneの裏のカバー固くて取るの大変なんですよ。
爪切ったばっかだと開けられる気しないっす。自分。

スポンサーリンク

mac・Android・windowsでデータのやり取りができる便利なアプリ「AnySend」

 生粋の面倒くさがりな僕は当然何かないかと探し始めます。

ソッコーでいいものが見つかりました。

AnySendというデータ共有アプリ

使い方はAirDropと同じような感じです。

違いはAirDropがBluetooth(たぶん。違うかも・・曖昧ですみません)で繋がるのに対し、このAnySendは同じネット回線を使う端末同士で使えるみたいです。

例えばスマホとPCが両方とも自宅のwi-fiが繋がっているとかそんな状態。
テザリングでもできるんでしょうか?
試したことないのでわかりませんが、多分できるでしょう。←テキトー

つまりネット環境下にいないと使えないのですが、ブログ更新でPCを使うのはほとんどがネット環境下だと思うので問題ないように思います。

AnySend

スマホは無料。macは600円

ダウンロードはgoogle play と i Tunes から。Windowsの方はHPから。

現在AnySendが使えるのは、AndroidとMac、Winです。

残念ながらi phoneはまだ対応していないようなのですが、
現在開発中ということで、今後に期待です!

気になる金額ですが、Androidはgoogleplayから無料でダウンロード出来ます。
Macは600円でアプリが買えるので、i Tunesからダウンロード。

これをインストールしておくと、例えば友達とドミトリーで写真や動画を交換したりすることが可能です。

しかも1対1ではなくて同じネット回線に接続できれば複数人とやり取りが出来ます。
AirDropも複数での通信は可能ですが、MacもしくはIOS搭載機だけなので、AndroidやWinとも通信可能なAnySendに軍配があがると思います。

Any Send
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ

使い方は超シンプル

まずはスマホから。
僕のzenfoneで解説していきますね。

まずアプリを開くとこんな画面が出てきます。
Screenshot_2015-12-25-21-33-38

今はこの回線でAnySendを立ち上げているのがこのスマホのみですが、
Macでもアプリを立ち上げると、こんな表示になります。

Screenshot_2015-12-25-21-34-13

そして表示されたMacのところをタップすると何を送るかという選択画面になります。

Screenshot_2015-12-25-21-38-30

あとはギャラリーから送りたい画像を選択するだけで、可愛い効果音とともに画像がMacに送られます。

ではMacの方を見てみましょう。

スクリーンショット 2015-12-25 21.34.49

Macのアプリを立ち上げると右上の画面にWみたいな形のアイコンが出現します。
これがAnySendのアイコンです。
立ち上げた時にはzenfone側はもう立ち上がっていたのですぐに認識しました。

Macでの受信はfinderのダウンロードに自動で「AnySend」フォルダが出来てそこに収納されます。
送るときにはまず、送りたいファイルをコピーします。
先ほどの画像で試してみましょう。

そして、ここにカーソルを合わせに行くと・・・

スクリーンショット 2015-12-25 21.40.55

こんな感じでコピーしたもののプレビューが映しだされます。
送りたい人の所をクリックするとこれまた可愛いアニメーションで運んでいってくれます。

スマホの受け取り画面はこちら

Screenshot_2015-12-25-21-45-47

何もないと上のような画面なのですが、送られてくるとこんな感じで表示されます。

Screenshot_2015-12-25-22-09-16

デザインがオシャレでアニメーションやアイコンもカワイイ

デザインも使い方もはすごくシンプルで使いやすいです。

デザインが懲りすぎて見にくいアプリとかって僕は苦手なのでこんな感じの使いやすくてオシャレなアプリは大歓迎です。

レビューを見ると繋がりにくかったり、送れなかったりということも稀にあるようですが、
少し試してみた結果、途中でPC側のアプリを落としてもスマホ側に出たままで送れないという状態がありました。

スマホ側のアプリを一度閉じたら正常復帰したので、この程度ならよくあることなので許容範囲かなと思います。
i phone はたまにフリーズしたり遅かったり酷い時には勝手に落ちたりしたので、それよりはマシなくらいかなって思ってます。
AirDropも認識してくれないこともありますし。

まとめ

アンドロイダーになるのに一番懸念していたところがこんなに使えるツールを発見したことで怪我の功名となりました。

Mac版は有料アプリですが、600円でこの機能が使い続けられるなら安いものだと思います。

Androidにしてからメリットがどんどん見えてきています。
本格的にi phone 使うメリットがわからなくなってきました。

今のところ旅のオススメなのは安いsimフリーのAndroidですね。

まだまだ使い切れていないMacですが、初心者でも使い易い便利な物があったらまた紹介していこうと思います。

それではまた!

Any Send
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ

booking
高確率で最安値で泊まれるBooking.com
ここから予約すると1800円のキャッシュバックが受け取れます Booking.com
ブログランキング

ブログランキングバナー復活しました!
クリックすると僕が喜びます。ただそれだけです。。。
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ
にほんブログ村

シェアする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です